2017年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Ashley Glaweは、1月23日にオレゴン州ポートランドの病院に行きました。

    私たちが今までに見た中で最も奇妙な緊急事態の1つです。

    彼女のペットのヘビ(ボールパイソン)のバートが、彼女の耳たぶに開いた穴で立ち往生していました。

    救急室の医師はどんなことにも対処する準備ができていますが、耳からヘビをぶら下げて歩いている女性の姿を見るのは初めてでした。

    彼女は「これは狂った人生の瞬間の1つだ」と言い、おそらく医者もまったく同じように感じていたでしょう。

    ヘビのバートと遊んでいる時、Glaweは耳の穴をヘビが通過できるか思いつたと言いました。
    1


    結局バートを取り除くことができず、彼女は緊急治療室に駆けつけました。

    医者を待っている間、彼女はこの写真を撮り、写真はFacebookですぐに2万3千人以上が見たものです。

    ヘビを耳に入れて虐待したと非難した人もいますが、その事実は事件ではなく、事故であったということです。
    2


    医師はGlaweの耳の穴に小さな切開を施し、ヘビを取り除くことができました。

    彼女の耳は少し刺激を受けましたが、その日の終わりまでに、どちらも無事に病院を出ることができました。
    3


    さらに詳しい情報:Facebook

    これはアホいwww

    まあ耳環を入れるのに拡張してきた穴だから、ヘビが通るかどうか、好奇心に駆られる気持ちも解らないではないw

    お腹の辺りから太くなっているけど、餌を食べたからなのかな?

    それとも普段からこういう形?

    さすがに自分で引っ張って抜こうにも、痛くてそれ以上できなかったんだろうし、鱗が引っ掛かって逆側にも引っ張れなかったんだろうな。

    災難といえばそうだけど、小さな子供が鼻の穴に豆を詰めて抜けなくなるのと同じで、なんともマヌケを曝してしまったもんだw

    こんなの相手にしなきゃいけない場合があるんだから、医者も大変だな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    何だか意味はさっぱり解らないけど、すげーw

    首相の前でコケる訳にはいかないから、真剣なんてもんじゃないな。

    まあコケても、どこかの半島の北側みたいに粛清とかはされないだろうけどw

    これは第68回共和国記念日に行われた、憲兵隊のオートバイ隊のDevils'チームの演目だったそうで、もう何がどうなって、どうやってあれだけの人が乗ってるのかすら解らない。

    しかし、腰を固定してグルグル回ったりしているのは、やっぱり意味が解らないw

    コメントの中に「カーマスートラ輸送・・・」ってあって笑ってしまったが、不思議の国インドらしくていいかもしれない。








      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    1

    マイケル・ポール・スミスは何百万人もの人々を騙している写真家です。

    かれこれ30年近く、1950年代風のElgin Parkという架空のアメリカの町からヴィンテージカーの写真ギャラリーを作り続けています。

    実際には、彼は現実のものの代わりにミニカーモデルと自分で作ったミニチュアセットを使用し、250ドルのカメラで現実としか思えない外観の写真を撮るために工夫します。

    さらに詳しい情報:Michael Paul Smith





    動画が長いって人にショートバージョンで解り易い動画があります。

    右のリンクからどうぞ:マイケル・ポール・スミス

    いや、こりゃ凄いな。

    どう見ても、本当に50年代に撮った写真にしか見えない。

    たまにミニチュアだって解るものもあるが、それは御愛嬌w

    セットを作って、安いカメラでフォトショ加工とか無しでこれだけの作品を作るのだから、脱帽でしかないだろう。






      このエントリーをはてなブックマークに追加


    この動画では19ケースを積み上げ、16フィート(約4.9メートル)の高さまで積み重ね、20フィート(約6メートル)の位置にあるバーが最高到達点だったので掴んだそう。

    こんな不安定なものを積み重ねるとか、プルプル震えるし恐いぞw

    よくこれだけ積み重ねられたもんだなw

    ボルダリングの施設だから天井が高いし、人を吊る装置もあるから安全にできるだろうけど、それでもこれだけ積み上げるのは大変だろうな。



    よく見ると2008年の動画があったので、けっこう前からやってたようで、一部の間で流行ってる?ようだw

    やってみたい人は安全を確保した上でやってみてくださいw


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    オレグ・クリケット(olegcricket)というこの男、以前屋上の端っこでホバーボードに乗って遊んでたおバカさんだ。

    なんか長生きできそうもないなって予感しかしないw

    こういった動画って、エスカレートしすぎて、もうやり尽くした感があるけど、何だかんだ紹介されてると見ちゃうんだよなぁ。

    やっぱ、ちょっと怖いもの見たさってのはあるもんで、やっぱりいつものように、くらくらと眩暈しながら見てたw



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    ミスター・ピックルと呼ばれてた野良猫は、車に撥ねられ6000ドル(約68万円)相当の医療を受けた後、愛する永遠の家族と家を見つけました。

    ペットショップで働く女性の店に、毎日餌を求めてやって来る子猫がいました。

    その後、猫は5日間行方不明になり、ホラー映画のような姿になって戻ってきました。

    女性とその同僚は、猫の体にできた巨大な膿瘍(のうよう)(身体の局部に膿が溜まる症状)と折れた顎の治療をするために獣医に電話をかけた。

    約2ヵ月後、奇跡的な回復と変化が起こりました。

    今、ミスター・ピックルはふわふわな姿になり幸せです。

    ミスター・ピックルは愛する飼い主だけでなく、テッドという先住猫の兄弟もできて、一緒に寝るのが嬉しいです。

    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8


    車に撥ねられた後、痛みに耐えながら、じっと物陰に隠れるように身を潜めてたんだろうな。

    やっと動けるようになり、女性のもとに助けを求めるかのように戻ってきたのだろうけど、びっくりしただろう。

    70万円弱の治療費は痛かっただろうけど、放ってはおけないだろうし、それだけ可愛がってたんだろうな。

    最初の画像と、最後の画像は別の猫みたいで、幸せになれたのが解る。

    先住猫とも、本当に兄弟じゃないか?って思うほど仕草がそっくりで、ちょっと笑えるw


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    オルガ・クリントソバ(Olga Klintsova) 32歳の頭に剝がれたコンクリートの外壁が落ちてきて直撃したことで死んだと思われたが、生きていることができて幸運でした。

    アパートにベビーカーを押して入れようとしていた監視カメラの映像を見て、落ちてくるのが数秒早かったら、彼女の娘のKatyaを直撃していたであろうことを考えたら恐ろしすぎる。

    現在、7ヶ月間の治療を重ね、奇跡的な回復をした彼女は、娘の世話をするのも充分可能であるとされていて、祖父母に預けられた娘とも来月に再会する予定とのこと。

    裁判官は6万ドル以上の賠償を命じたそうだが、本当におちおち歩いてもいられないな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Vigilante Killed   MACHOVIDEO

    これは素直に警察を呼ぶべきだっただろう。



    無理に自分で守ろうとしたって、相手は集団だし、銃まで持って武装してるのだから、無理だろ。

    飛び出してきた店主に驚いて退散してくれればよかったが、事はそう簡単にはいかず、銃で撃たれてしまった。

    さすがに殺人を犯してしまったことで、初めてビビって逃げ出してるが、最悪な事態になってしまった。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    まあんまり感心できることではないんだけど、「ブオンッ」とブリッピング一つで、歩行者が驚いて道路を渡るの止めるのだから、存在感を示し、無用な事故を減らすのには効果的じゃないかな?

    まあ自分は爆音好きだからいいんだけど、そうじゃない人はビクッとしちゃうし威圧的にしか感じないよなw

    でもあまりにもバイクの排気音が小さく静かだったら、見た目でも音でも存在感が無くなってしまい、平気で目の前に出てくる車や人で事故が増えそうだ。

    この動画はちょっとやりすぎ感は否めないけど、これはロンドンでの映像みたいで、移民や観光客が不用意に道路を渡ろうとすることが多くて、それについて多くの人がそれには迷惑を感じてるようだ。

    お国柄ってのもあるけど、まあほどほどにね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    精密な攻撃を行うドローン(無人攻撃機)を使用するよりも、現代軍のほうが議論の余地があることは間違いありません。

    Wired.comによると、サウジアラビア南西にあるイエメン国境をパトロールが公式の役割 のウム・アル・メル国境警備空港(Umm Al Melh Border Guards Airport)は、今は非常に異なる目的持っている可能性があるそうだ。

    2

    ニューヨークタイムズとワシントンポストから引き出されたレポートは、燃える砂漠の中にある、何マイルも囲まれたリモート飛行場の画像を示しています。

    オンラインの衛星地図上にあるこの写真は、しばらくの間一般のニュースの報道から守られていました。

    しかし現在、ウム・アル・メル国境警備空港の3つのハンガーは、アフガニスタンとパキスタンにある既知の無人機基地と著しく類似していることが明らかになっている。

    アナリストたちは、多くのことが起こる兆候である不思議な飛行場に目を向けるべきだと主張し、指摘した。

    超極秘のドローンベース(無人機基地)は、中東の荒涼としたその周囲の環境と非常によく調和した地獄である。

    3

    2010年11月17日から2012年3月22日までの間に設立されたウム・アル・メル国境警備空港を建設するために、難しい地形や環境は大きな建設努力が行われたことを意味します。

    もちろんアメリカの最も秘密の軍事作戦の1つが、インターネット経由で偶然に発見されたことを誰もが正式に拒否しているが、世界に公開されたことは世間の大部分を驚かせている。

    4

    Wingによると、Bing Mapsの画像が公開されたとき、遠隔施設はまだ建設中であり、Googleの衛星写真に登録されていないという。

    しかし、Google Earthは完成したベースを表示します。

    プレデターまたはリーパーといったドローンを格納するのに充分な大きさの3つのハンガーは、第4の小さなハンガーと結合されています。

    居住区は非常に安全で、壁のほかフェンスで飛行場の残りの部分から分離されているようだ。


    とのことで、「エリア88」のような砂漠の中の極秘の外人傭兵部隊の基地ではなかったようで、ちょっとガッカリw



    このアニメになってるエリア88のような、年式や型もお構いなしの戦闘機が入り乱れた無茶苦茶な構成の秘密の基地だったら、もっとわくわくしたんだけどな。

    こんな基地が本当にあったら、ついマッコイ爺さんを探したくなるところだw

    しかし極秘の基地なのは同じで、その点はやっぱり驚くな。


    このページのトップヘ