2016年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    粉砕された   MACHOVIDEO

    ダンプがブレーキをかけるのが甘かったといったところか?



    曲がるのにはスピードが出過ぎているようだし、土のおかげで重心も高かったから簡単に横転してしまったんだろうな。

    最初、歩行者が派手に撥ねられるとかするのかと思ってたら、地味に潰されてたとか、ちょっと予想と違っていたが、事故には変わりがないな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ハイスピード死   MACHOVIDEO

    何かを避けようとして歩道側に突っ込んできたのだろうか?



    それともアクセルが戻らないなどの不備でコントロール不能になってしまったのだろうか?

    詳細は解らないが、結構な速度で突っ込んできたので、2人とも死んでしまったようだ。

    舗装部分じゃないところでバイクが若干だが跳ねてしまっているので、尚更コントロールができなくなってトラックに突っ込んでしまったんだろうな。

    整備不良もあったかもしれないが、その前にスピード出し過ぎで遊んでたってのがあったんだろうな


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ガレージに車を駐車することは、凍ったドアを避けるための確実な方法ですが、誰もがその贅沢を持っているわけではありません。

    幸いにも青空駐車する人たちが、冬の過酷な数ヶ月の間に、凍結したドアと格闘する必要を無くすシンプルな方法があります。

    とのことで、この単純な方法を知ってるようで知らなかったりする?

    知ってる人は「何だよ」ってところだろうけど、一応知らないって人は、下の動画を参照してください。



    要はシリコンスプレーを満遍なくドアのシール部分に塗っておくだけで、凍結した朝でもドアのはり付きを防止できるというもの。

    上の動画では、シリコンスプレーを直接ドアに吹きつけていることに、コメントで心配してる人もいたので、別の方法を下の動画で確認してください。



    シリコンスプレーを布に吹きつけてから、シールゴムを拭きあげてもOKですw

    水分を拭き取ってから、シリコンを塗る事さえできればいいようです。

    カギ穴にもシリコンスプレーを吹いておくのも効果的だそう。

    ついでに、凍りついて動かないドアノブへの対処方法。



    濃い目の食塩水を作り、ゆっくり凍った部分に垂らすだけで融かすことができる。

    あまり雪が降らない地域なので、ここまで酷い凍結を経験した覚えがほとんど無いのだが、そういえば雨がしとしと降った後の深夜に帰宅しようとして、ドアをべりべりって感じで開けた記憶はあるな。

    寒い地域の人は、やってみるといいだろうね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    vertiwalk

    垂直ウォーキングは、あなたが階段を登るのに必要な労力のわずか10%で建物のフロア間を移動することができます。

    しかも電源は必要ありません。



    この「垂直ウォーキング」はオランダの会社Rombout Frielingラボが設計した実験試作品だそうで、電源も要らず、階段より僅かな労力しか必要とせず、しかも省スペースで済むと、一見いいとこばかりなのだが、本当にそうなのだろうか?

    コンビニやスーパーのレジ袋程度なら手に持ったまま上がったり下がったりできそうだが、それ以上の荷物となるとちょっと難しそうだね。

    あと、数人が行ったり来たりするとなった場合、どうするんだろう?

    さらに1人は2階で、その他は3階に行きたいとかしたい場合はどうするんだろう?

    一見良さそうな人力エレベーターではあるが、問題はたくさんありそうだ。

    やはり階段が無難なんだろうな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    aluminum-titanium-guitar

    この素晴らしいメタルギターは、完全で機能的な楽器ではないかもしれませんが、間違いなく見栄えはいいでしょう。

    ダイシン精機の機械を使い、アルミニウムとチタンの固体ブロックから作られた124個の部品で構成され、軽量の材料のおかげでわずか7kgの重さです。

    残念なことにこの美しさは、ピックアップも機械加工で制作されているために演奏することはできません。



    これは凄いと思ったら、日本の株式会社大槇精機という機械メーカーのマシニングのデモンストレーションだったのですね。

    楽器なんだから、弾けるようにペグとかピックアップとか、普通のギターに使われている既存の部品を使えばいいのにな、と思っていたが、こんな加工もできますってアピールのためにスイッチなどまで徹底して削り出しして作っていたのですね。

    楽器としてではなく、オブジェとしてしか機能していないのだが、もし本当に楽器として弾けても、冬の屋外では冷たくて演奏どころではなくなるなw


    このページのトップヘ