2016年12月

    Twitterの名称が@thumb_tani(別名Tanu)という日本の男性は、彼がその均衡のとれた仕事をどのように作り出すことができたのか理解することが困難な、スタッキングするコインスタッカーです。

    彼のビデオは、これらの作品の背後にあるプロセスを示しています。

    これらの作品は完全にリアルであり、カメラトリッキーは含まれていません。

    もちろん、膨大な忍耐とケアが必要です。
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12




    凄いとしか言いようがないな。

    どうやってるんだ?と思ったが、動画を見て「そうやってるんだ」と納得出来たけど、やっぱり真似できるもんじゃないなw

    でもちょっと真似して挑戦したくなるw




    建設現場のような危険な環境での効果的な手の保護は、長年にわたって難しい目標でしたが、チリの発明者であるホルヘ・ソンビック氏は最終的に本当に安全な解決策を思いついたと主張しています。

    足の保護機能は、最近のほとんどの建設現場で必須となっているため、足の安全性はもはや問題ではありませんが、人間の手は無限な課題があります。

    防護服会社は新しい作業用手袋を作成する際に機能性、移動性、安全性のバランスを取ろうと積極的に取り組んでいますが、これまでのところ結果は得られていません。

    労働者は、大きなハンマーで指を叩いたり、さらに悪いことに、労働災害の際に手の一部を切り裂くという痛ましい痛みに耐えなければなりません。

    しかし、ホルヘ・ソンビックの革新的なMark VIII安全手袋は、この問題を解決することを目指しています。

    1


    手袋に保護具をあまりにも多く入れすぎると、動きが妨げられ、作業者が手を適切に使用することが妨げられます。

    保護具が小さすぎると、手を傷つけてしまう可能性があります。

    マークVIIIグローブは完全な手の機能性を確保しながらは、ほとんどの事故からの保護機能を備えています。

    ソンビックの発明では、破裂しない熱可塑性材料を使用して、ハンマー打撃、あらゆる種類の切傷、穿刺および破砕から指先を保護します。

    マークVIIIのプロモーションビデオは、あらゆる種類の虐待から容易に保護する手袋を示し、常に安全性と完璧なモビリティを提供します。

    手袋の第1層は容易に貫通することができるが、保護カバーは実質的に破壊不能のようである。

    2


    チリの発明者はMark VIII手袋が、保守作業から鉱業、林業、漁業などの産業全体の一般的な国内活動のために使用されると見ている。



    Mark VIII手袋は、ピッツバーグの発明&新製品展示会で金メダルを獲得し、「安全と安心 - 個人」カテゴリに入った。

    これらの革新的な手袋の準備と入手は未だに不明ですが、ソンビックは世界中の大手流通業者と協力して発明を販売しようとしているそうです。



    ついこの前、工具使ってて指先を挟んで痛い思いしたばかりだから、誰よりもこのグローブが頼もしく見えるぞw

    個人的には指にフィットした、素手感覚で使えるグローブが好みなのだが、電動工具が当たった時や挟んだ時のことを考えたら、このグローブの安心感は頼もしいなんてもんじゃないだろう。








    場所はカリフォルニアのサンタモニカらしいのだが、あまりにもカードテクニックが凄すぎて、風景なんか全然目に入ってこないのだがw

    これなら部屋で行えばいいのだし、場所を移す意味が良く解らないなw

    しかしどうやれば、ああ動かせるのか全然解らないレベルだ。

    こういう人はセンスがあるとか、好きだからとかもあるのだろうけど、いったいどれくらい練習してるってか、すれば出来るようになれるのだろう?


    イングランドのダービーシャー州の牧歌的な郡の中心部で、ギャビン・マンローはユニークな作物を育てています。

    マンローは慎重に10年かけて木を剪定することにより、完全に自然な家庭の家具を成長させます。

    プロセスには忍耐が必要ですが、美しい結果は、機能的で持続可能なものです。



    何かの比喩かと思ってたら、本当に家具を収穫していたw

    確かに家具職人ってより家具農家って言葉が合ってる気がするw

    盆栽のように枝を曲げたり、接ぎ木をしたりして、任意の形に形成しながら木が生長するのを待つとか、これは相当な忍耐がなければ出来ないな。

    一応イスの形はしてるけど、ちょっと本当に座るとか実用性はない感じかな?

    ちゃんと乾燥させてから、形を整えてるようだけど、本当に座ったらバキッといきそうな予感がするw




    6月に誰かが故意に、このフレンドリーな猫の頭の上に酸を注いで、猫は片目を失いました。

    カリフォルニアの高級住宅街に住む猫で、食べ物と愛情を求めていました。

    苦しんで彷徨った日々を過ごした後、ある女性が猫を玄関ポーチで見つけ、すぐに猫を獣医に連れて行った。

    しかし彼の苦しみはそこで終わらなかった。

    どうやら獣医は自分が何をしているのか分からなかった。

    獣医は猫にいくつかの抗生物質を与え、FIV(猫免疫不全ウイルス)のために猫をテストし、彼らが子猫を殺そうとしたことを示唆した。

    そして身体障害を持つ、高齢者である、終末期の病気を持つ、または虐待され、世話をする恋人を必要とする猫のために人生で第二のチャンスを与えることを専門とする非営利団体Milo's Sanctuaryに連絡しました。

    彼らは猫に「サー・トーマス・トゥルーハート卿」と名づけ、抗生物質、鎮痛薬、包帯で1ヶ月以上かけて傷や痛みを和らげました。

    猫はまた、皮膚外科手術を受けた。

    ミロス・サンクチュアリの彼らのウェブサイトには、「すべてを通して、トミーはとても勇敢で忠実で、猫の世話をする人々にキスをした」と書かれている。

    猫の親しみやすさは自分の人生を犠牲にしたが、彼は人間を愛し信頼するのを止めることはできない。

    今トミーは生涯ケアフォスターにいて、彼の癒しの旅をサポートするために彼を後援することができます。

    さらに詳しい情報:ミロ・サンクチュアリ / Facebook

    この野良猫「サー・トーマス・トゥルーハート」(通称トミー)はただの愛を求めていましたが、人間によって頭から酸が注ぎ込まれていました・・・
    1

    苦しみの日々をおくった後、ある女性は猫を玄関ポーチに見つけて、すぐに彼を獣医に連れて行った。
    2

    無能な獣医は、猫にいくつかの抗生物質を与え、FIV(猫免疫不全ウイルス)のために猫をテストし、彼らが猫を殺そうとしたことを示唆した。
    3

    そして、その種の特別なニーズを持つ猫のためにミロのサンクチュアリに連絡しました
    4

    トミーは抗生物質、鎮痛薬、包帯で1ヶ月以上を過ごしました。
    5

    「すべてを通して、トミーはとても勇敢で忠実で、彼の世話をする人々にキスをした」
    6

    彼の人懐っこさは、彼の人生を犠牲にしたが、彼は人間を愛し信頼するのを止めることはできない。
    7

    今、トミーは生涯ケアフォスターにいて、あなたは彼の癒しの旅をサポートするために彼をスポンサーすることができます!
    8


    人懐こくて、呼ぶとすぐすり寄ってくる猫はかわいいのだけど、こうした危険な目に会う可能性をはらんでいるんだよなぁ。

    猫としては、どうして片目が見えなくなって痛いのか、人間にされたことが原因とは理解できていないのだろう。

    どうしたらこんな人懐こい猫に、こんな酷いことができるのだろう?

    世の中、猫が好きな人ばかりじゃなく大嫌いな人もいるだろうけど、こんなことするとか、完全に頭おかしいんだろうな。


    このページのトップヘ