2016年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6

    どうしてそうなる?



    なぜ、こんな何も無い真っ直ぐな道で、ピンポイントで突っ込むのだろう?

    かなりの速度が出てたようだから、避けなければと、注意すればするほど目が追いかけてしまい、無意識で近付いてしまったとかなのか?

    自転車に乗ってた人も、まさかこんな遮蔽物も何も無い見通しのよい場所で突っ込まれるとは、針の先ほども思ってはいなかっただろうから、驚いたなんてもんじゃないだろうな。

    ってか、この後どうなったのか何も書かれていなかったので、生きてるか死んでるかも解らないのだが。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6

    なんかロシアっぽいんだが、やっぱりロシアか?w



    警察官A:「おいっ、これ給油口が反対じゃね? どうすんだ、これ?」

    警察官B:「こうすればいいんじゃね?」

    警察官A:「おめぇ~、あったまいいな、おいっ」

    ってな会話でもしていそうだから困るw

    しかし、とことん面倒くさがりなんだな。

    でも車の向きを変えるより、面倒でやり難そうな方法を選ぶのも向こうの人らしいといえば、らしくていいw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    これ、後で上司から怒られるなんてもんじゃないだろうなw



    いかにもロシアって感じがぷんぷんするw

    映画の中では軍の特殊部隊のスぺツナズなんて、恐ろしい精鋭部隊として登場したりするが、警察になるとこんなにクオリティが下がるものなのか?

    映画とかが過剰評価しすぎてるだけ?

    いやいや、容疑者が以外すぎる場所から出てきただけ?

    それともやっぱりロシアだからってのがぴったりくるか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3

    車輪のせいで跳ねるように思えるが、フレームとライダーが少しもバウンドしていない、ということに注意してください。

    三角形のルーローの形状した車輪が、フェンダー内のローラによってサポートされて、上に乗ったフレームは一定幅の曲線を描き安定している。



    普通に考えたら、こんな車輪じゃ上下に激しく揺さぶられ、まともに運転などできなくなりそうだが、不思議なことに全然揺れないで運転している。

    説明にもあったが、よく見るとおむすび型の車輪が、フレームと固定されたフェンダーを上げ下げさせることで一定の高さを保っているのが解る。

    理屈が解れば、「なるほど」なのだが、とにかくガッションガッションとウルサイんだなw




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    有人灯台でのシフトチェンジの様子だそうだが、これは大変だ。



    どのくらいのサイクルでシフトを組んでいるのだろうか?

    1回行っちゃったら1ヶ月くらい滞在したりするのかな?

    それとも数ヶ月?

    海の安全を守るために灯台の管理運営をする人がいなくちゃならない仕事なんだろうけど、これは大変だ。

    波に流されないようにしながら、灯台に激突しないように操船する技術もすごいけど、この荒波の中、ロープ1本で行ったり来たりするのは命がけだな。

    それも怖いが、この荒波の中にポツンと立ってる小さな人工の建造物に寝泊まりしながら仕事をするってのも怖いな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    こんな物件は嫌だ。



    そういえば日本でも高速道路が貫通してる建物があったと思うけど、あれ、どういう経緯でああなったんだろ?

    これも頭上にモノレールが走ってるけど、くぐらせればいいんじゃね?って発想から作られたのだろうか?

    それもちょっとどころか、ずーっと貫通してるみたいでかなり不思議な光景になっているな。

    もしかして、建物の中が駅になっている?

    だとしたら駅まで0分の好物件?w


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    19

    北西グアテマラのホヤグランデ村で、豪雨によって引き起こされた土砂崩れや地滑りの中、18時間も重い瓦礫や土壌の下に埋もれた後、この犬は奇跡的にこれらの兵士によって救助されました。

    愛称エルと呼ばれる犬が、50人を殺害した地滑りを生き延びたのは、それは信じられないほどです。

    生き残るための意志が明らかにあるように、彼女はすべての人に物語を伝えるために生きるために守られています。



    瓦礫の僅かな隙間にいたおかげで助かったようですが、軽い脱水症状があっただけで他に大きな怪我も何も無いとか奇跡の生還でしょう。

    救助に向かった軍の兵士たちも、かすかに聞こえる救助を求める声をたよりに必死で掘り起こして救助できたようです。

    日本だったらスクープを狙う報道ヘリがブンブン飛びまわり、この小さな生き物の助けを求める声は掻き消され聞こえなかったかもしれないと思うとゾッとする。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_1109

    いったい何がしたかったのか、さっぱり解らないのだが?



    確認のため何回も見直したが、まったく解らない。

    スマホを弄りながら入ってきて、カウンターにスマホを置いた途端に、腹に隠していた拳銃を取り出したと思ったら、自分を撃っているとか、意味が解らなすぎる。

    「早く金をこっちに寄こせ」って指の代わりに銃口で指したら撃っちゃったって感じか?

    だとしたら、かなりのアホでしかないのだが。

    撃っちゃった後、しばらくボォ~と突っ立ってるのも何なんだ?

    あまりの自分のアホさに、呆気にとられてたのか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7

    商品の在庫を探しにバックヤードの棚を探していたのだろうか?



    棚の奥で漏電でもしていたのか、いきなり仰け反りだして固まっている男性。

    凄く苦しそうだが、自分では手を離すこともできずにやっと手が離れたときに、仲間の従業員が近付いてきた。

    もしかしたら感電してるところに仲間の従業員も助けようとして触ってしまい、2人で感電してたかもと考えると、それも怖いな。

    海外だと日本の100ボルトと違い、200ボルトの高電圧だったりするから、その感電の苦しさも、より強烈そうだもんな。

    でもまさか建物の中で感電するとは思ってないもんな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    日本ではロータリー交差点、海外ではラウンドアバウトと呼ばれる交差点だが、ここがそうだとは気がつかないで突っ込んでしまったのだろうか?



    ロータリーを回っていた車と接触してしまい、バランスを崩しながら撮影車に突っ込んでしまったが、どのようなケガをしたのかは不明だ。

    なぜか動画の説明には「サイクリストが」って書かれており、「どう見てもバイクなんだが?」などのツッコミが目立っているw

    しかしこの交差点も日本でいくつかあるよね?

    初めて訪れる町でラウンドアバウトがあったら、知らない解らないで、同じように真っ直ぐ突っ込んでしまうかもしれない。

    ロータリーの真ん中に花壇になってるとか、何か建造物でもあればよかったのだろうけど、これは路面に丸が描いてあるだけだから気がつくのが遅れたのかもしれない。

    まあ信号が無い時点で気付けってところなんだろうけど、ラウンドアバウトが増えるほど、これと似たような事故も増えそうな気がするな。


    このページのトップヘ