2016年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7

    思わず「もったいなっ」って口から出てしまう失敗集。



    スーパーカーで事故るとか立ち直れなくなりそうだが、よく考えてみたら、あれを買える人たちは、「また買えばいいや」くらいのことしか思っていないのかもしれないと思ったら、正直どうでもよくなったw

    それよりもスマホを落とすとか水没させるとか、自分にもいつ降りかかってもおかしくない事態の方が考えてしまった。

    もちろん財布にも痛い場合もあるだろうが、手続きしたり、アプリ入れたり、設定を弄ったりなど、面倒なことを考えるだけでブルーになりそうだw

    ゲームの勝敗に納得がいかずにテレビを壊す奴がいたけど、あれは論外だな。

    あそこまで馬鹿じゃあないわw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3

    あっぶねぇー!



    バリバリなレースマシンじゃない、初心者用の遊びカートでも、あの勢いで真っ直ぐ突っ込んだのだからヤバいところだった。

    「いったぁ~い」とでも言ってるかのような情けない声を出してる程度で済んでよかったw

    彼氏を追い抜いて驚かそうと思ったのか、それとも想像以上のスピードが出て恐怖で体が固まったのか、なんか後者っぽい気がする。

    乗車する前のブリーフィングなど、対応はちゃんとしてたようなのだが、実際に乗ってみたら大違いだったみたいだ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6

    想像を絶するほど酷い事をされ続けたのが、容易に思い浮かぶ犬の反応が堪らない。

    激しく泣き叫んでるので【音量注意】でお願いします。


    触ろうとする人間の手が伸びてくるのが、怖くて怖くて泣き叫び隅っこに逃げることしかできないとか、前の飼い主はいったい何をしたんだ?

    もう腹が立ってしょうがない。

    「○ねばいいのに」ってナチュラルに口から出てきちゃうぞ。

    もう痛いことはされないよって教えるように撫でてあげて、それでもまだ信用できなくて鳴いていた犬が、新しい家族の下で、すっかり犬らしくふるまうことができるようになり、ジャレたり遊んで楽しむことができるようになって本当によかった。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    ざまぁ~としか言いようがないな。



    向こうの国ではラクダの肉はポピュラーなんだろうな。

    上手い事サクッと一突きで心臓を刺しているようで、滝のように血が流れ落ちてきているが、体が大きいだけに簡単には死ねないようで苦しんでいるが、最後の力を振り絞り、刺した男に復讐するがごとくキックをお見舞いしてノックアウトさせた。

    他国の食文化にとやかく言うつもりはないけれど、もうちょっと苦しまない方法とかできないもんかね?

    あっちの宗教のハラルってのがあるが、電気ショックなどを好まず、必ず教徒が首を横に切って血を流して殺さないといけないとか、やっぱあの宗教って糞みたいな自分勝手な屁理屈言ってるだけでダメだわ。

    こういうの見ると「何がハラルだよ」って思うな。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3

    水曜日の午後、犯罪者がサンパウロから89キロの中心部のサンジョゼドスカンポスのコロネルホセ・モンテイロ通り沿いに位置する宝石商に強盗を試みた後、警察官によって射殺されました。

    報告によると、2人の武装凶悪犯は、非番の警官が彼の妻と一緒に到着したわずか数分前に宝石店に入っていました。

    内部の防犯カメラの画像によると、カップルが宝石店に到着し、犯罪者の1人が入り口に近づいていました。

    警官はすぐに銃をとり抵抗し、強盗にに対して発砲し1人は死亡。
    もう1人の強盗は逃げることができました。

    当番ではなかった警官のアクション中でも彼の妻には怪我はなかったもよう。

    死んだ犯罪者は29歳の強盗で有罪となり、もう1人の強盗は登録され、サンジョゼドカンポス警察署は逃亡者を見つけるために動いています。



    休みの日に妻に記念の宝石でも買いにきてたのであろうか?

    偶然にもそこは強盗の真っ最中で、様子がおかしいと感じた警官は躊躇することなく銃を取り出し発砲し、あの至近距離での戦いでも、しっかりと妻を守るように背中で隠しガードしてるとか、ブラジルの警官って凄いんだなと思わせてくれた。

    やはり殺人事件が日常茶飯事な国では、休みの日であっても気が抜けないのであろうが、あの動きはさすがだな。




    このページのトップヘ