2016年09月

    Unicorn-in-the-wild

    ユニコーンはギリシャ神話で、自然の歴史の中で実際には発見されていませんが、ユニコーンは処女によって唯一飼い慣らすことができたと考えられています。

    ユニコーンはまた、病人を癒し(例えば、汚染された水など)彼らの魔法のエッセンスで毒を清めると知られていました。

    ユニコーンの気質は荒々しく、自分自身をコントロールすることができませんでしたが、多くの場合、乙女の愛情を受けやすい傾向が非常に強かったようです。

    女性らしい柔らかな精神が、この獣が持っている不安を和らげたからだと考えられています。

    ユニコーンは座る乙女に近づき、彼女の膝で眠りに落ちることになります。

    ユニコーンハンターの人間は、この利点を利用して、それを悪用することになります。

    しかし闇市場で人々がユニコーンの角だったと主張する物は、実際はイッカクの角を売却してるものでした。

    このビデオでは職場の窓の外に野生のユニコーンがいました。



    これが本物のユニコーンだったら世紀の大発見になるんだがな。

    まあ誰かが白い馬を見つけて紙で作った角を付けたとかのイタズラだろうなw


    1

    中国南部の南寧市に住んでいる人々は、市内のネズミの数が増えているため、最近ネズミ避けを自分の車に付けるようになりました。

    この問題のDIYでの解決策は、ネズミに入られないように布と竹で作られた「スカート」と呼ばれているものを作成することです。
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8


    なるほどねぇ。

    ネズミが中に入り込んで電源ハーネスやパイプなど齧られる事例があるんだろうな。

    ネズミが大繁殖するような不潔な町には見えないのだが、見えてない所がやっぱり凄い事になってるのか?

    それともネズミの天敵となる猫を食べちゃって、猫が居ないから増えてるのか?

    いちいちこんな物を巻き付けなきゃならないとは、面倒くさいばかりだな。



    1


    欧米人が日本の建物のドアや天井が低くて過ごし難いなんて文句を言ってるのは聞いてはいたが、何だ、外国でも不便なんじゃないかw

    まあこの写真の例の人たちは外国でも、さらに背の高い部類の人たちなんだろうけど、ある程度の身長はいいけど、大きすぎるのはやはり規格外で不便しかなさそうだ。


    シリアのアレッポの都市は、おそらく今では生活するのには最も危険な場所であり、戦争を逃れるためその住民の多くが自分の家を残していったが、一人の男は放棄された数百匹の野良猫の世話をするのに従事しています。

    「アレッポのキャットマン」として知られるモハマド・アラーJaleelは、猫を愛していながら街を離れることを計画した人々は、彼が世話してくれると自分のペットを残して逃げ出して以来、迷うネコ科の動物の世話をしています。
    戦闘や爆撃が激化し、より多くの怯えた動物は、食物と保護のために彼に近づき始め、彼は聖域でそれらを提供することが幸せでした。
    最初モハマドは20〜30匹の猫の世話をし始めたと言うが、彼の聖域でネコ難民の数は百を超えるようになり、その数は増えています。
    1

    「一部の人々は私が猫を愛することを知って私と一緒にそれらを残していった」とモハマドは最近BBCに語りました。
    約20〜30匹の猫がいて、約一年後には百匹以上が居ました。
    シリアの猫の恋人は、猫らに米のボウルを供給し、彼の聖域に来ることを歓迎し、彼はそれらを必要とするすべての猫にケアと生活を提供する用意があると述べています。
    2

    モハマド・アラーJaleelは、若い女の子が彼女の家族と一緒にトルコに移動する前に、雄と雌の猫を残していった悲痛な瞬間を思い出しました。
    少女は私に猫を預けました。
    彼女の両親は海外に行きたがってました。
    そこで彼らはここに来た。
    彼らはここに猫の聖域があることを知っていました。
    彼女は子猫だった猫を育てていました。
    彼女は私に猫を引き渡し、国を去る時に彼女は私に「猫の写真を送ってください」と叫んだと彼は言いました。
    猫がいなくなってさみしい。
    私たちが戻ってきたときに私の猫を返すことを約束してください、と私に頼んで行きました。
    3

    キャットマンは人間の友人が戦争を逃れるためにアレッポを去って以来、猫は市内で彼の唯一の友達になっている、と彼はそれらを残して自分が去ることはないだろうと述べました。
    「人々のための慈悲を持っている誰かが、すべての生き物のために慈悲を持っている」と彼は言います。

    アレッポの放棄された猫を保護する彼の話だけでは充分ではなかった。
    モハマド・アラーJaleelは積極的に包囲された町全体の人間の救助活動に関与していることを知る必要があります。
    Facebookのページに掲載された写真はアラーへのノーベル平和賞の価値があると、爆撃され崩壊した建物から子供を救出し、危険から離れるため無防備な民間人を運び、貧しい病人を介護します。
    男は現実の聖人のようです。
    4

    動物のためのモハマドの愛、そしてこれらの罪のない魂の利益のために危険に身を置く彼の姿は、松村直人のことを思い出す。
    福島のラストマンも2011年の壊滅的な津波の後に自宅に戻り、放射性ゾーンで放棄された動物の世話をします。
    5

    アレッポはシリアの内戦が2012年に始まって以来、一定の包囲下にありました。

    6

    7
    8
    9




    最近は日本だけでなく、世界各地で地震があったりして、外国だとろくに鉄筋も入ってなかったり、石やレンガを積み重ねてるだけの建物は簡単に崩れてしまったりするけど、これは地震も無いのに突然に潰れた建物って感じだな。

    向こうはそういうのがあるから、なおさら怖いよなぁ。

    家でくつろいで居る時に、いきなりドシャンと潰れて、こんな風に挟まれてるとか嫌すぎる。


    このページのトップヘ