2016年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    前にあったルイジアナ州での洪水のときの映像で、こうして取り残され逃げ場を失ったペットたちってたくさんいたんだろうな。

    人命第一なのはもちろん解るのだが、こうして見捨てられてしまったペットが、冷たい水の中で僅かな足場に逃げてプルプル震えて耐えているとか不憫すぎる。

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    なんかあまりフィリピン人っぽくない人がいるな。

    フィリピンで悪さしてる不良外人なのかな?

    調子こいてたら、地元のギャングにやられたってところなのかもだが、治安の悪い国の夜ってのは、本当に物騒だな。

    知り合いにも居たが、このフィリピンの夜の歓楽街が面白いらしくハマってしまい、ちょいちょい行ってた奴がいたが、よく今まで無事で帰ってこれてたなと思う。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ちょっとの用事だからと、エンジンも切らずに子供をスクーターに乗せたままで、つい子供もお父さんの真似してスロットルを捻ってしまったことで走り出してしまった。

    お父さんも慌てて子供を掴もうとしたが、間に合わず、トラックにぶつかってしまった。

    タイミングがもう少し早かったら、子供たちはトラックの後輪に2人とも轢かれてたかもしれないと考えたらゾッとする。

    お父さんも後悔しきりで子供の心配をしているが、自分のせいだから言い訳のしようがないもんな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    840フィートってことは、約256メートルかぁ・・・



    どおりで下を見ると股間がギュンギュンきて、頭がクラクラする訳だ。

    もう見てるだけでダメだ。

    思わず「走るな走るなっ」って声出しちゃったよ。

    こんな高い所で、こんなことしてて、「アッ」と声が出た時は「アーーーーーー」なことになっちゃうぞ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    必死にペダルを漕いでも、ジリジリと遅れをとってしまい、苦し紛れにしてみたら、一生懸命に漕ぐよりもスルスルーとスピードが出てしまったといったところか。

    サイクリストマイケル・ゲラが、異常なアプローチを取って、狂気のスピードで走りました。

    その昔、戦後の日本で発生した暴走族の前身で「カミナリ族」ってのがいてだな

    9
    10


    空気抵抗を減らして、少しでも速く走ろうとこんな格好して乗ってた。

    まあ今のようにバイクの性能も良くなかった時代の笑い話ではあったのだが、こうして実際に速くなってるのを見せられると、案外カミナリ族がしていたことは間違いではなかったのだなw

    これからのツールドフランスなどの自転車競技で、下り坂はこの形が主流になるかも?w



    このページのトップヘ