2016年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これはかわいい以外のなにものでもないだろう。

    自分も鹿がこんなにはしゃいで楽しそうにしているのを見るのは初めてかもだ。

    鹿のイメージったら、奈良の鹿のイメージが強いから、餌を欲しがり群がってくるイメージくらいなもんだから、鹿がこうして楽しんでる姿を見て驚いた。

    奈良の鹿も遠足で海に連れていったら、この鹿みたいにはしゃいで遊ぶだろうか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    引き摺る方も大変だろうけど、引き摺られ痛いだろうに絶対に手を離そうとしない、どっちもどっちで執念を感じてしまうが、こんな引ったくりするような奴のために大ケガするのはもっとつまらないだろうし、この場合は素直に手を離したほうがよかっただろうな。

    それとも命をかけてまでの大事な物でも入っていたのだろうか?

    弱そうな老人や女性を狙う、こういう卑劣な奴には凄いバチが当たりますように。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    定点カメラで観察してたのだろうけど、もの凄い瞬間を捉えてしまったな。

    野生の厳しさではあるが、子供の悲痛な叫びが耳にこびり付いてしまいそうだ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    最初、ウェイクボードみたいにボートで引っ張られてるのかと思ってたら、よく見たらボートから出る引き波に乗ってサーフィンしてたのね。

    これはちょっと難しいんじゃないかとは思うんだけど、ホースの付いた漏斗でジュースを飲む意味はよく解らないな。

    まあただ瓶からジュースを飲むのより難しいことをしてるアピールなのだろうけど、日本だったらこういう時は
    3

    海老一染之助・染太郎みたいに傘の上で升を転がしてみたり、コマを回してみたりするのが王道だったろうなw


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    恐竜の新しいタイプ? クズリのような捕食者? 科学者たちは新しい発見に議論を交わします。

    奇妙なミイラ化したクリーチャーがシベリアの北にあるヤクート共和国のダイヤモンド鉱山の中心部で発見されました。

    シベリア・タイムズは、鉱山労働者によって発見された奇妙な動物の遺骨は、誰もがそのようなものをこの地域で見た事がなかったので、それはどのようなものなのか確信を持って言うことができないと科学者を驚かせた、とのことを書いています。

    しかし鉱山労働者は、これはシベリアの森林に住んでいるウルヴァリンとして知られている、クマなどの動物の祖先であること、そして恐竜以前の未知の種の遺跡を発見したとみなしています。

    この理論はヤクーツクで行われた分析の後に証明されなければなりません。


    とのことで、こういったUMAとかも大好物だ。

    まあこういうのを調べてみると、よく見る野生動物の毛の抜けた状態ってだけだったりする結果が多かったりするのだろうけど、それでもやっぱりこういうの見るとワクワクしてしまう自分がいたりする。

    今だ発見されていない未知の生物って居た方が、絶対に世の中おもしろいだろ。



    このページのトップヘ