2016年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    自己完結型の呼吸のための機器を着けた救助隊
    1


    シチリア島Floristella Grottacalda鉱山での児童奴隷。
    カルーソは15キロから30 kgの出土をバスケット(stirraturi)の袋に入れ肩に担いで、8-10時間のシフトで働いた8〜14歳の子供でした。

    当時はシチリア島での児童労働が横行しました。
    2


    単語Carusuシチリアでは「意味少年 "と"、ラテン語のカルスに由来する愛します」。1900年代初頭を通じて19世紀の間にcarusuは「地雷少年」を意味するために使用された単語、次のpicuneriに働いたか、人を選んで、表面に鉱山の奥深くから原石を実施硫黄で労働者。一般的に近い奴隷で働いていたこれらのcarusiは、多くの場合、捨て子の家によって、あるいは効果的にそれらをいずれかpicuneriのか、鉱山の所有者の財産を作ったsuccursu・ディ・ムルティのため、自分の家族(死亡給付)であきらめ。[ ウィキペディア ]

    Floristella鉱山、1980年頃
    3


    Floristella鉱山、1900年頃、鉱山労働者や炉用宿舎。
    4


    Carusiと鉱山労働者。
    5


    6

    狭いトンネルでは、ワゴンは労働者が直接運びました
    7


    1950-1960 CA
    8


    平均バスケットの重量:20から30キロ
    9


    Grottacaldaの硫気孔、1905年、赤十字の使用人
    10


    11

    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    Floristella鉱山、1905。
    31
    32
    33


    そういう時代だったと言えばそれまでなのだが、身寄りのいない子供たちも生きていくのに必死だったのでしょう。

    孤児とかでなくても、戦争前後の貧しい時代とか、子供たちは立派な労働力だったりするのは、どの世界でもあった話だからね。

    ちょっとラピュタのパズーを思い出して、感情移入してしまう。






      このエントリーをはてなブックマークに追加
    road-rage


    うほっ♡ やらないか



    って、そういう話じゃなくて、何がしたかったんだ?

    銃や斧じゃなく、ナイフを持ち出してきてる時点で、ずいぶん優しいロシア人だなっと思ってたら、パンツをずばっとずり降ろしてプルンプルンさせてるとか、何か動物的な威嚇方法のようにも見える。

    まあ人間より動物に近い生き物なのは確かみたいだがw

    もしかしてYouTubeとかにUPされないように、わざとカメラに映るようにしてたとか?

    だとしたら、かなり知恵が回るタイプ?

    いやいや、性器だろうが死体だろうが、平気で丸見えで見せちゃう動画サイトとかあるんだから、あまりあの行動に意味はないんだけどな。



      このエントリーをはてなブックマークに追加


    なぜか外国人のツボにはまったらしく、この動画が人気らしい。



    真似する者もでてきて議論の中で、「これ、Windows95の機動音に似てね?」と言いだす者もでてきた。



    似てる?

    でも自分の記憶だと95の機動音って、動画のよりもっと単純だったような気がするのだが?

    しかし笑いのツボって外国と違うもんだなと思わせてくれるいい例だな。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Tiny-Ball-Of-Fluffiness


    だめだ、鼻血が出そうになる。

    うちの猫もこんな時代があったんだけどなぁ・・・と遠い目をしてみる。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    -Fashion


    汚れがあるかどうかくらいの差しか解りません。

    モデルがいいからか?

    これ、以前話題になった中国のイケメンすぎるホームレスの人だよね?

    笑うと「これじゃない」感が凄かったけど。

    違いが解るって人・・・無理してない?




    このページのトップヘ