2016年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ロシアの会社によって作成されたAvtoros ATVシャーマン8×8というらしいが、水だろうが泥だろうが雪だろうが、走るところを選ばない頼もしい感じだ。

    ロシアだと広すぎて、道路インフラが行き届かないで、未だに道なき道みたいな酷いとこだらけだろうし、永久凍土のシベリアとか極寒の地でもあるから、こういう車の開発や普及にはもってこいだろうね。

    ただロシア製かぁ・・・って不安が付き纏う?

    8輪全てでステアを切る機構のため、小回りが効いたりしていいのだろうけど、あまり複雑にしちゃうと修理が大変になったりして、現地で修理ができないなど不具合も出そう。

    やはりこういうのは出来るだけシンプルにして、現地での応急処置でなんとかなっちゃうくらいにした方が良さそうな気がするんだけどな。



      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これもインドだったかぁ。

    インドのプラデーシュ州のウッタル村での出来事だそう。

    死者はなかったが、10人はパニックになったレパードによって負傷したとのこと。

    何でレパードが建物の中に逃げ込んだら、みんなで近付いて覗きに行ったりするかなぁ?

    追い詰めたら反撃しようと飛び出してくるの解るだろうに、同じ事するのね。

    10人負傷したって、みんなこの間抜けな行動のせいだろw

    まあ普段よっぽどやることなくて刺激が無いから、こんな時はお祭り気分になるんだろう。

    負傷した奴のウザい武勇伝や自慢話がそうとう続きそうだなw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    こういったスーパーカーのオーナーになるからには、輸入されてきた箱開けの儀式から立ち会ってみたいもんだね。

    車だと船で運ばれてきたりがほとんどだろうし、こうして立ち会ったりするのは難しいのかな?

    外車のバイクだとディーラーで箱開けの儀式に立ち会えたりするんだけどね。

    自分がバイクを買った時は、いかにも浮足立ってる感があるし、そういう姿を見せるのも恥ずかしかったからやらなかったけど、今さらながらそういうのやっといてもよかったかなって思ったりもする。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    こうした隠されたメッセージや、遊び心みたいなのを、ところどころに散りばめていたりして、歴史的背景や作者の意図などを紐とくと、絵画ってただ観賞するだけでない面白さがでてくる。

    テレビ東京が土曜の夜に放送してる「美の巨人たち」って番組が、そういうの事細かく解説してくれてたりして、凄く面白くて毎週見てたりする。

    テレ東って、災害や大事件があってもアニメやバラエティーを流してる、ふざけてる局みたいな印象があったりするかもだが、実は真面目で大変為になる番組もたくさんあったりするのよ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これだけ人がいるのに、奇声をあげるだけで誰も近づけないってw

    腰が引けながらのへっぴり腰で、棒で叩くのがやっとって、意外とインド人って臆病?

    インド人が皆、キングコブラを操れると思ったら大間違いなのねw

    しかしニシキヘビの絞め付けってのは、やっぱ恐いね。

    絶対に食べられる大きさじゃないのに、ああやって襲ったりもするのだから油断ができない。

    仔山羊がぐったりしだしたから、もうダメかと思ったが、助かってよかったよ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    間が悪いことに、バイクもウィリーして調子こいてたもんだから、回避行動も何もできないでそのまま突っ込んでしまった。

    飛び出してきた車も追突されたかで押し出されてきたようだから、これはもう悪魔のイタズラとしか思えないタイミング。

    バイクの原型が解らないほど大破してるのも凄いが、ライダーはどこに行った?

    ぐるぐるーと空中を回転しながら、投げ出された所までは解ったが、よく見て見ると前方に地面に叩きつけられたからか、ピクリとも動いていませんね。

    この後どうなったんだか、詳細は不明です。








      このエントリーをはてなブックマークに追加


    第82及び第101空挺師団の空挺部隊の訓練風景だそう。

    ノースカロライナ州のフォートブラッグで、シチリアドロップゾーンの上にC-17グローブマスターIIIの航空機からジャンプし実行します。

    訓練とはいえ、実戦さながらの雰囲気で、任務遂行するため淡々と行動してるところに凄味がありますね。

    映画みたいに「ブルってんのか?」とかの軽口叩いて死亡フラグ立ててる奴とかもいなさそう。

    しかしこんな勢いで、次々と兵士が降ろされて展開していくのだから恐ろしい。

    制空権や制海権を明け渡してはいけないってのが解りますね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    アレクシスノリエガはハロウィンのためにこれを制作しました。

    制作過程の動画もありましたので、作りたいと思った方は参考にしてください。









    参考にしてとは言ったけど、何だか外人のこういう動画って、だらだら、だらだらず~っと語ってるばっかりで話が進まなかったり、どうなってるのか肝心の映像が無かったりして、参考にならなかったりするんだけどねw

    でも出来上がった翼は、本当に飛べるんじゃね?って思わせるほど良く出来てるな。

    動画でははっきりしない部分は想像や工夫で補ってくれ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    タコベルのチキンケサディーヤを注文し、待ってる間、冷静に二人の女性の乱闘を撮影してたそう。

    結局注文した品が来る前に終わってしまったようだが、女同士の戦いも激しいな。

    パンチは猫パンチみたいで威力はなさそうだが、必ず髪の毛の掴みあいをするのな。

    女性としてはその攻撃が一番屈辱的なのかな?

    日本だと「髪は女の命」って言葉があるくらいだから、外国でも本能的にそう感じてる?


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    まるで工場が移動してるみたいで迫力あるな。

    こんなペースでレールが敷かれていったら早く開通できるな。

    日本にもこんな機械あるのかな?

    レールや枕木など線路のメンテナンスする機械は見た事あって、あれも賢く迫力あったけど、さらに迫力あるこんな機械は初めて見たよ。




    このページのトップヘ