2016年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2
    3
    4




    これはキモいなんてもんじゃないな。

    こんなのと夕暮れ時に出会ったら、悲鳴をあげるかグーで殴るか、どっちかだな。

    イベント会場に行っても、他のコスプレしてる人からは避けられてるし、子供も気味悪がってガン見してるしw

    子供たちはしばらくの間、夢にうなされるんじゃないか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これほど有効なデッドスペースの活用方法はないだろう。

    みんな階段下なんてガラクタ置き場や、せいぜい自転車を置いたりするくらいしか使ってないんじゃないかな?

    この動画主の姿からインド人っぽいけど、駐車スペースに悩むのは東京とかの都市だけじゃないのね。

    しかし本当にギリギリのサイズで街路樹の間を通り、駐車台に乗せるとか、この車のオーナー以外には難しい技っぽいw

    車を買い換えようにも、このサイズとこの形じゃないと無理っぽい。

    少しでも形が変わると当たってしまいそうだから、その時は階段の方を削る?

    駐車場で困ってる人は、デッドスペースを見つけて、工夫すればなんとかなるかもしれない。

    しかし面倒くさい駐車場だなw

    自分は田舎方面なので、駐車場に困ったなんて思いはした事が無いので、ものすごく面倒くさそうに見えてしまう。

    田舎は都会のように面白いものも無く、不便な面もあるかもだが、駐車スペースで悩むなんて必要ないのが利点ねw


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ワイヤレスな充電機は以前からあるが、それが磁気浮上して、ふわふわクルクルしてたらお洒落だと思わない?

    あれっ、でもiPhoneとかワイヤレス充電できないんじゃ?と思ったら

    1
    2


    こういう電磁を受信できる専用のアダプターを差して、この浮上台に乗せるようにすればいいだけみたいで、600gまで浮上させることが出来るようで、大きくないタブレットまでこれで充電できるようだ。

    問題は2016年12月にリリースを目指しているのだが、その量産や販売する資金調達のためキックスターターで募集してるところであり、2016年の8月18日までに$ 40,000 CADの資金調達の目標を達成できない場合、今年中の販売はできないだろうということだ。

    詳しい情報:キックスターター

    お洒落で面白い充電機ではあるが、個人的な問題としてうちには猫がいるので、こんなふわふわクルクルしてる物があったら、確実にちょっかい出されて、充電終わらぬまま下に落ちてる可能性が高いということだな。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    カリフォルニア州のベーカーズフィールドにあるスリーウェイシボレーの販売店の従業員が、お客さんから預かったコルベットで町中を80 mph以上(毎時129キロ)のスピードで飛ばしまくっていました。

    ダッシュカムビデオを見て驚いた車のオーナーは、販売店のサービスマネージャや技術者に確認したが、車両にフルスロットルを行った証拠がないと非協力的だったため激オコ中です。

    まあコルベットなんてハイスペックな車に乗ったらエンジンぶん回したり、ぶっ飛ばしたくなる気持ちも解らないでもないが、お客さんから預かった大事な車でそれをやったらいけないよなぁ。

    オーナーとして、愛車をそんな雑な扱いされたとなると怒るのも当然だし、二度とその店を相手にしたくないし、こうやって店名入りで動画を晒したくもなる。

    しかしコルベットのデータレコーダーも凄いな。

    エンジン回転やスピードに、何速のギアでとか加速Gまで記録と表示できるんだな。

    こんな証拠がばっちり残ってるのに惚けようとするとか、もしかしてディーラーなのにこんな機能が付いてるの知らなかったとか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カリフォルニア在住のピーター・マレスさんちの猫は、毎日バンザイのポーズをとるそうです。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12


    なぜこのポーズを毎日するのか解らないらしいが、とりあえず目出度そうだからいいか。

    さらに詳しい情報:Instagram


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mikaela-kellner-bikini-cop

    新聞販売をしていたホームレスが、休日でビキニ姿で日光浴をしていた女性の携帯電話を盗もうとしたところ、そのビキニ姿の女性にあっさりとねじ伏せられてしまいました。

    それもそのはず。

    彼女の名前はミカエラ・ケルナーといい、スウェーデン警察の婦人警官でした。

    どれだけ彼女の身体能力が凄いか見てみましょう。



    こりゃあ、そんじょそこらの男では太刀打ちできませんね。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    猫の本能というか条件反射的に、少しジャレてしまったりするようだが、ここにボールを入れると餌が出てくるってことを、ちゃんと理解していますね。

    餌が欲しいときは、部屋中をボール捜してうろうろするなど、ちょっと軽い意地悪でボールを隠したくなりそうだ。

    面白そうではあるが、これでは人間を頼ることが完全に無くなってしまい、ちょっと寂しい気がしないでもないな。

    普段は構われるの大嫌いで近寄りもしない猫が、唯一おねだりの甘えモードで近寄ってくるのはお腹が減った時だからな。

    そんなのはうちの猫だけか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ゲリラの少年兵が、捕虜を処刑するビデオかと思ったら・・・



    エアーガンで遊んでるだけだったのだが、的を見るとなんとも言えない気分になってしまう。

    本人たち的には遊んでるだけなのかもしれないが、端から見てるといい印象を与える構図じゃないし、ましてや空気銃といっても目に当たれば失明だってしかねない危険なものだからね。

    なんだか居たたまれない気分にさせられる映像だ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    何をしてるのかよく解らないけど、なんか怖いな。

    あのヘルメットの意味がまったく解らないのだが、後ろ手に縛られているのに、あれだけ激しく抵抗するほど、あのヘルメットが嫌な物なのか?

    もしかしてこの世のものと思えないほど中が臭いヘルメットとか?

    最後はぐったり動かなくなってしまうとか、何をしたんだか本当に怖い。

    軍事施設の近くでうっかり写真なんか撮ろうものなら、すぐさまスパイ扱いされたりして、こんな拷問受けたりするだろうし、そんなルールをしらない旅行者でもうっかりでは済まされないだろう。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    NASAは当初、宇宙飛行士が飽きることなく国際宇宙ステーションの修理をするためにロボ手袋を開発しました。

    今は労働者が反復的な作業で、握力の強さを多く必要とする作業のために役立つ方向でそれを使用している。

    とのことで、今で言う、パワーアシストロボットの先駆けってことでしょうね。

    やっと普及しだした感じで、農作業や肉体労働の人たちに使われだして、好評らしいが、これからもどんどん開発が進んでもっと高性能になっていくんでしょうね。


    このページのトップヘ