2016年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mill-blackbird


    テレビのCMや映画などで見ている自動車は本物ではないかもしれない。



    これまでにいくつかの車のCMをこの手法で撮影しているんだろうか?

    事前にマップされたトラッキングポイントと360°のHDRマッピング機能を使い、ポストプロダクションでスキンされるように設計されたタイヤとフレームだけの電気自動車のミルブラックバードの外装を変更しています。

    車両のサイズに合わせてフレームは4フィートまで伸びることが出来、車幅も10インチまで広げることができます。



    この方法なら、CMでもマイナーチェンジしたとき撮影し直さなくてもいいし、映画で希少な高級車なども、過激なクラッシュシーンを含む映像を気兼ねなく撮影できるわけですね。

    映画で高級車を潰していたりすると、「もったいねぇ」「潰す前に俺にくれっ」とかつい思っていたけど、これからはこういう方法で撮影していると思えば心配する必要はなさそうだ。






      このエントリーをはてなブックマークに追加
    そんな物騒そうな物作るってあいつか?と思ったら、やっぱりコリン・ハリエニシダその人だったでござる。

    x-men-ice-man-blasters




    簡単に言うと手首の角度で作動する電磁バルブが開いて、ガス圧で液体窒素が押し出されるってだけの装置だが、元となる材料がポットとか、本当にそれで圧力とか大丈夫か?って心配してしまう。

    なんかこの人の工作って適当に作ってそうだが、ちゃんと考えられてるようで、植物は凍ってバキバキに砕けるし、コップの水だって凍らせられるし、おまけにアイスクリームまで作れちゃう。

    メイキング映像もどうぞ。


    一見デタラメで信用できなさそうだが、旋盤やフライス盤など機械を使いこなし、溶接もそれなりに綺麗にしてるところを見ると感心してしまう。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    扇風機のCMでしたw

    fan3
    fan2


    昔から時速80kmで走る車の窓から、手を出してにぎにぎすると、まるでオッ○イを揉んでるような感触するって話があるが、本当にそう感じる人っている?

    バイクで高速道路に乗ったときに、掌の汗を乾かしてるんだってテイで、さり気なく必ずやってはいるのだが、あまりそう感じないんだよなぁ。

    グローブ越しだからか?




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    motorcycle-vs-deer-758x426


    これは焦る。



    幸いライダーに大きなケガは無いようだし、バイクの損傷具合からぶつかって逃げた鹿にも、深刻なダメージは無いだろうと推測されてます。

    この一瞬の出来事では、バイクも避けきれないでしょう。

    自分も昔、バイクで長野の山奥の民宿に向かってる時に、すっかり暗くなった山の中で、2匹の鹿がいきなり飛び出して横切っていかれたことがあるけど、あれにはビビった。

    犬より大きいし、あれにぶつかってたら洒落にならい。

    鹿に横切られたなんて初めての経験だし、一緒に走ってた仲間内でも話の種になって盛り上がれたからいいんだけどね。






      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Billiard ma nigga


    Join Florian 'Venom' Kohler(ジョイン・フロリアン「ヴェノム」コーラー)は世界的に有名なラスベガスのプールトリックショットアーティストであり、想像を絶する信じられないほどのスキルを見せつけてくれます。



    彼が18歳の誕生日に両親は彼にプールテーブルをプレゼントし、それから主な影響としてオンライントリックショットマスターであるマイク・マッセイとSemih Sayginerから学び、自分のスタイルを構築していきました。

    とのことで、ビリヤードのテーブルをプレゼントされるとか、いかにもアメリカ~って感じですね。

    日本じゃ、あんなの買えても普通は置く場所に困ります。

    しかしプレゼントされたからと練習したところで、皆が上手くなれる訳じゃないので、よほど自分の才能とマッチしてたのでしょう。

    上から叩きつけるように球に回転を与え、あそこまで自由自在にコントロールできるようになるには、相当な練習したのでしょう。

    おかげでブロンド美女をテーブルに乗せても、彼女の体を生きてるかのように避けることができるまでに。

    普通のトリックショットだって凄いと思ってたら、これはその数段も上をいくトリックショットですね。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2ff75abc-zit-on-a-young-tyre-i-suggest-you-don-t-squeeze-it


    どうしてこうなった?

    製品のバラつきで、弱い部分から膨らんでしまったのかな?

    こんな状態のタイヤなんて見た事ないけど、中にはあるんだろうな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    cQyCAeu


    なんじゃこりゃー?

    こうして見ると凄いなんてもんじゃない。

    アメリカの森林火災ってちょくちょく聞くけど、こんなに火のまわりが早いのでは手の着けようがありませんね。

    湿度が少なく過ごしやすいのだろうけど、一度火事になったりしたら乾燥してる分、燃え広がりやすいのでしょうね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トレーラーの荷台いっぱいのスピーカーとか、どんだけだよっ。



    離れたところに止まってたハイエースから、いきなり腹に響く音がしだしてびっくりしたことあるけど、ハイエースのリアゲートに積んであるウーファーでああなのだから、これが本気出したらどうなるんだろ?

    すでにオネーチャンの髪の毛が音圧でぶわっぶわっと浮き上がってるくらいだから、本気出したら映画のバック トゥザ フューチャーのマーティーみたいに後ろに吹っ飛ぶんじゃなかろうか?

    ちょっと体験してみたい気もするけど、恐いような気もする。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    人間でいえば帝王切開による出産のような感じ?



    最初は何を弄ってるのかなと思ったらサメの卵だったのね。

    中の子供を傷つけないように切り開いていくと、ビュルンって感じで勢いよく出てきたサメの赤ちゃん。

    竹サメっていうらしく、飼育もできるようなのだが、サメはサメなので噛まれないように注意ってされてた。

    しかし勢いよく出てきた時に、卵の大きさや薄さより、思ったより大きめのサメが出てきたのでビックリ。

    中でどのように入っていたのだろうか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    自転車のBMXで山の稜線を走ったり、駆け下りるのはたまに見るけど、一輪車の方が難易度高そうだな。



    BMXのようなスピード感は無いけれど、静かな迫力を感じる。

    稜線を走ってる時なんか、サーカスの綱渡りと同じで僅かなミスが命取りだもんね。

    自転車のようにブレーキが無いのだから、すべて足で踏ん張って車輪の回転を制御しなくちゃいけないのだから、これも難しそうだ。

    普通に考えたら、あのチーズ転がし祭りみたいに、坂を走り出したら勢いで勝手に足が出て止まらなくなり、自分では制御できなくなってしまうというのに、ちゃんと制御できてるのが不思議だ。


    このページのトップヘ