2016年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    なぜこれで水はこぼれないのか?



    薄っすらと理屈が理解できそうな気もするが、心情的には宙返りやロールして逆さまになったときに水はこぼれてほしいよね?

    えっ、思わないって?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    dog-rescued-from-hot-weather-car


    信じられないほどの暑い日に駐車されたBMW 3シリーズの中にいたペットを救うために、カナダの人は極端な行動を取りました。

    多くの見物人が集まった中、大きな石で後ろの窓を破壊することによって犬を救助し拍手が起こり、犬は水を与えられ助かりました。



    救助者は罪や賠償責任に負われることはありませんが、犬と車の所有者は動物虐待防止のためのオンタリオ州協会(SPCA)の調査に応じて検討されています。

    カナダの法律の下では動物に不快感や苦痛を与えることがわかっている場合は、ペット所有者はおよそ$ 10,000カナダドル(約$ 7700)の罰金や刑務所で約5年間の服役を与えることができます。

    こういうの、もっと罰を重くしてもいいんじゃないかな。

    と思ったら、日本はこれより遥かに軽いもんなぁ。

    犬や猫を酷い虐待や殺し方をしても「器物破損」扱いで、罰金なんかも軽すぎる。

    パチンコで遊んでる間に、車の中で子供が死ぬ事件もよくあるが、あれも「えぇ~?」って思うくらい刑罰が軽かったりするよね。

    どうにも日本は罪人に優しすぎる変な国だ。






      このエントリーをはてなブックマークに追加
    平和の鳩はウィスコンシン州の公式シンボルであり、またミシガン州の州の鳥です。

    しかしオハイオ州で鳩は、遥かに高い地位を持っています。

    なにせオハイオ州では鳩はパトカーに巣を構築することができお咎め無しですから。

    1


    彼らはガーティーと愛称をつけた鳩の安全を保つためにフロントガラスに傘を貼り付けて、さらには母鳩の栄養維持するためにミミズを掘り起こし与えています。
    2


    警察のスポークスマンのケビン・ライリーは「我々はすべての人間と動物を守ります」と言い、駐車場にテーピングしてパトカーを動かさないようにしました。
    3


    黒人の少年を撃ってしまったり、荒っぽい過剰な暴行して逮捕したり、賄賂で寝返ったりと、ちょくちょく問題を起こし嫌われやすい警察ですが、こうした優しい面だってあるんだね。

    印象を良くするためのパフォーマンスだろって穿った見方をする人もいるだろうけど、それでも鳩が無事に巣立ってくれるならいいじゃないか。







      このエントリーをはてなブックマークに追加
    立ちなさい、ウィリアムっ。

    queen-scolds-prince-williams-tell-off-funny-gif-3


    バッキンガム宮殿のバルコニーでセレモニーを見せようと、ウィリアム王子は、プリンスジョージに話すようにひざまずいてお父さん役に徹してしまっていたが、女王から王子としての役割を忘れるなと突かれたようですね。

    動画でも確認してみましょう。



    一国の王子ともなると、普通のお父さんのするようなことも間々ならないのだから、大変だなぁ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    prank-goes-wrong


    ヘアドライヤーにベビーパウダーを仕込むイタズラがあるが、最悪なことになってしまった。



    そりゃあそうなんだよな。

    舞いあがった粉は、粉塵爆発起こすのだから、着火して火炎放射器のようになるのも当たり前なんだよな。

    相手が女性の場合、顔に火傷なんてもっての外だし、髪や眉毛やまつ毛が燃えたなんてのも耐えられないだろう。

    軽い気持ちでやりがちなイタズラだけど、想像力が欠如してると最悪な結果を招いてしまう。


    このページのトップヘ