2016年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    バーナビーディクソンという青年が制作したパペットが、凄いやら気持ち悪いやらだ。



    何だか妙にリアルで滑らかな動きが、一層気持ち悪さを際立たせているような気がする。

    いや、創造性に富んだ作品で素晴らしいものなのは解るんだけど、何だか恐いんだ。

    なんか本当に生きている妖精とか小人がいるみたいな錯覚をしてしまいそうになる。

    アイデアも素晴らしいんだけど、動かし方が上手いんだろうな。

    ちょっと動きを真似してみたけど、あんな風に動かせないんだけど・・・


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メルボルン発祥なのかな?



    フレーミングランボルギーニと、なんとも過激で物騒な名前のカクテル。

    もしかしてランボルギーニが、よく炎上してることを皮肉ったところから来てる?

    ランボルギーニの車が燃えてる動画は、YouTubeにもたくさんあるもんなぁ。

    名前の由来は置いといて、こんなのお客さんの前でやったらクールだよね。

    バーテンもドヤ顔できるし。

    あれっ?

    でもこれ、燃やしてることでアルコール飛んでしまってて酒じゃなくなってないか?

    まあパフォーマンスに特化したカクテルってことでいいか。

    ただ家では、これを真似しない方がよさそうだ。

    アルコールの火だから、青くて炎が見えにくいし、火事になったら大変だからね。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スイスの山の地形を利用したコースターです。



    絶景な大パノラマの中を疾走するコースター。

    これじゃ景色を楽しんでるどころじゃない?

    一応ブレーキが付いてるみたいだが、なんかコースから飛び出しそうで恐いな。

    だが、そのスリルが堪らないんだろう。

    自分もちょっと乗ってみたいもん。

    ただコーナーでは、恐くて思い切りブレーキ掛けそうだけど(笑)

    スイスはハイジだけの国ではなかったな。






      このエントリーをはてなブックマークに追加
    stoned-goats-run-rampage-in-wales-photos-2


    スウォンジーの関係者によると、おそらく廃棄された大麻の植物を食べた羊たちが大暴れしているらしいと。

    スウォンジー郡議員ヨアン・リチャードは、羊の群れが地元の村の周りを徘徊し、人々の家庭に押し入ろうとしてるのが見られたと述べました。

    彼は違法な大麻工場から廃棄されたいくつかの大麻植物を、羊たちが食べている心配があると述べました。

    stoned-goats-run-rampage-in-wales-photos-4


    村に迷惑を引き起こした羊の群れがすでにいる、 と彼は言いました。

    羊たちは、人々の庭園やバンガローに入り、寝室でも混乱を残しました。

    羊たちが大麻の植物を食べ続けエスカレートすると、どうなるか考えると恐怖します。

    stoned-goats-run-rampage-in-wales-photos-1


    評議会のスポークスマンは、大麻が現在の領域から除去されたことを発表しましたが、これ以上羊たちが暴れる事が無いように祈ってるようです。

    stoned-sheep-run-rampage-in-wales-4-photos-5


    さすがにこんな事にはならないだろうけど、羊には強力な頭突きや蹄の攻撃力があるから、草食動物だからとナメてかかると痛い目にあってしまう。

    0623-omosiro01


    このハイジたちや、ユキちゃんみたいにハッピーになってるだけならいいんだけどね。

    いや、よくないな。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    245df


    また日本が変な事してるのバレて、話題になってるみたいです。



    まあ家でも、この前1匹いたの見つけたから、もうそういう季節なんだね。

    あの強力な粘着力じゃ、どんな人でも捕まってしまうだろうけど、露出部分が多いお相撲さんでやるのは、本気で痛いだろうに。

    しかしお笑いとしては、まだまだな気がするな。

    昔やってた「たけしのお笑いウルトラクイズ」で、トリモチに絡まるダチョウ倶楽部などの芸人さんの、あのリアクションに鍛えられてるからね。

    あれには本気で腹を抱えて笑ったもんだ。

    この動画より、あのウルトラクイズの動画が、外国にバレた方がヤバそうだ。


    このページのトップヘ