2016年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    欧米では教習所でそう習わないのかな?


    何か日本でどの車も道の端に寄せて、緊急車両に道を譲ってるの見ると驚くらしいね?

    もし自分の家が火事だったら?とか、自分の家族が事故で大ケガしたら?とか考えられないのだろうか?

    そう考えたら緊急車両の走行の邪魔はできないよね。

    上の動画は、ただのすっとこどっこいな奴だっただけか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    この方、いろんな物を油圧プレスで潰して喜ぶチャンネルの人。


    まあそうなるよね。

    って、もう一回やってみたら、ベースの方が壊れた。

    壊れた瞬間はさすがにビビったけどね。

    このプレスは何トンの荷重がかけられるんだろう?

    1000トンはさすがに無い?

    ちょっと解らないけど、油圧かけてるウィ~って音が気味が悪いし、いきなり破断して大きな音を立てられたらビビるだろ。

    しかしこの二人、何が大爆笑なんだってくらい笑ってオモチャとか潰してるな。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    しかもテキストと音声に変換できるらしい。


    シアトルにあるワシントン大学の学生であるトーマス・プライアーとNavid Azodi、レメルソン がこの発明で$ 10,000の学部受賞をしたようです。

    あとはこれがスマホアプリやブルートゥースで作動できるようになれば、手話が解らない人との会話もスムーズにできるようになったりするんだろうね。

    自分もほんの少しだけ手話を習ったことがあるが、使う機会がないと忘れてしまうんだよなぁ。

    こういう技術の発展は大いに結構な話だね。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    しかも女型ターミネーターだっただと?


    仮面ライダーや東映のレンジャーシリーズの特効も凄いが、これはモロに直撃してるぞ。

    仮面ライダーとかのは、生コンの粉を直接当たらないように後ろに逃がす計算で設置してるが、これは爆薬を真横で直撃させるとかハンパねぇな。

    しかもやってるのが女性とか、ちょっと普通じゃないな。

    さすがロシア?

    爆発や熱から守れるスーツを着ているからといっても、これそうとう恐いはずだぞ。

    火も恐いが、この0距離での爆発音では耳がおかしくなってしまわないかな?

    日本の小さな爆竹だが、子供の頃に耳の側で爆発したことがあるが、3日ほど鼓膜がぼわんぼわんしてたの思い出す。

    この爆薬じゃ、耳栓くらいじゃ防げないだろう。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ウルグアイの靴店の監視カメラによって撮影された映像です。


    こんなのに巻き込まれたらどうしようもなくなるね。

    何が飛んでくるか解ったもんじゃない。

    こんな時はどこに逃げ込めばいいんだろうか?

    やはり窓が小さく、空間の大きさの割に柱が多く丈夫なトイレに逃げ込むのが正解かな?

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    タイの学生と教師が開発したそうな。


    いたって原始的な機械ではあるが、一応洗えてるみたい?

    すすぎはこれでいけそうだけど、シャンプー泡だてて洗うのはやっぱり手でやらないと充分じゃないかもね。

    でも犬を洗うのって大変だから、なんとか機械化したいってのは解る。

    昔飼ってたゴールデンなんて大型犬を洗うの大変だったもんな。

    必ず洗ってるこっちまでびしょ濡れ確定の作業だったから、暖かい時期しか洗えなかった。

    そもそも犬は自分の匂いを取られることを望んではいないだろうから、人工的ないい匂いを付けるなんてのは人間の勝手なエゴな行為でしかないんだろうけどね。

    しかし冬場の寒い時期の朝方に脱走され、田んぼの中をかけずり回られ、大満足した顔して帰って来た時にはがっかりしたもんだ。

    冬で稲が無いとはいえ、田んぼは田んぼであり、犬の足と腹側はどろどろの泥だらけ。

    そのままにしておこうかと思ったがそうもいかず、泣く泣く水浸しになりながら洗ったのを思い出す。

    そんな時にこれがあれば助かったかもしれない。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    グロいっていえばグロいんで、閲覧注意でお願いします。


    ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

    これはグロいってより、恐怖の方か?

    丸太をチェーンソーで切ってみると、切断面がやけに肉肉しい・・・

    おやっ?と見てみると、中からにょろにょろ・・・

    ダメだ・・・自分もたまにチェーンソーで庭の木を切ったりするのだが、こんなことになったら卒倒しそうだ。

    しかし木の中が空洞になってるとか、切ってみるまで解らないし、ましてやヘビが棲みついてたなんて、お釈迦様でも気がつくめぇってなもんです。

    胴体切断マジックみたいに、もう一回切断面をくっつけると・・・タッら~ン・・・ってはならないよなぁorz

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まさに玉ひゅん。


    よくこんな事できるなぁ、ってか何でやるかなぁ・・・

    ちょっと勢いあまったら真っ逆さまに落ちちゃうよ。

    それにこのホバーボードって中国製だろ。

    誤作動起こして、止まるはずがってなりそうで恐いぞ。

    誤作動起こしたって話は聞いたことないが、世界各地で爆発した話はよく聞く商品なのは確かだ。

    もしビルの端っこスレスレの時に爆発して、驚いて降りたところが悪かったなんて事になったら即死亡だ。

    落ちた先に人が歩いてたなんていったら、もっと最悪な話になってしまうだろう。

    1人で死ぬのは勝手だが、関係ない人まで巻き添え食らうのは勘弁してくれ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ロシアのDP-12というツインバレルの散弾銃だそうな。


    12番ゲージの散弾を2本の銃身から連続して撃ちだせるのだから強力だ。

    しかしこれ、反動も強烈だろうから、撃つほうも大変そう。

    ドラム缶を高く飛ばしてたのは、1発目は弾の後ろに発火発光体を仕込んだ曳光弾(えいこうだん)なのかな?

    ただの散弾じゃ、あんな風に着火しないだろうし、そんな弾があるんだろうね。

    しかしロシアの最近の兵器のデザインってカッコよくなってるよなぁ。

    Su-27とかの戦闘機とか、無茶苦茶カッコいい。

    昔、日本に亡命してきたMigなんか、いかにも共産圏って感じのダサさだったのに、時代は変わったもんです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    じつは、本音はこうかもしれない。


    まあ犬がいつも喜んでるとは限らないよね。

    犬にも機嫌がいい時悪い時があるのも当然。

    もし犬が喋って文句言おうが、それはいいんだけど、口がこの形では気持ち悪くてかなわん。

    このページのトップヘ