2016年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    理屈は解っていても、どうしても不思議に見えてしまうよね。

    そんな錯視の描き方のチュートリアルです。


    三角形の描き方。


    そして楕円の描き方。


    これらの動画は芸術家ジョナサン・ハリスによって作られました。

    なんとなく解るっちゃあ解るのだが、なんというのかな?

    こう脳みそを掻き回されるような、ぐらぐらしそうにならない?

    昔はこういうの、「脳みそウニになる」なんて表現したもんだが、若い人は知らないか(笑)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダブリン動物園での出来事らしいけど、トラ的にはジャレてるだけなんだろうな。


    でも子供的には大迫力な戦いにしか見えないよなぁ。

    あんな鳴き方ってか、吠え方されたらビビって一目散に逃げるのもしょうがない。

    しかし大きさが違うだけで、やってることはまんま猫と同じで笑える。

    こんな大型の猫を思う存分にモフりたいとは思うのだが、あの爪と牙ではジャレてるつもりでも、人間には大ダメージ食らってしまうからなぁ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    繋げも繋げたもんだな。

    これ本当に牽けるのか?


    こりゃ驚いた!

    ゆっくりゆっくりではあるが、確かに動いている。

    オーストラリア名物のトレーラートレインみたい?

    あれはここまで重くないだろうけど、トレーラーをたくさん繋げて列車みたいな長さで爆走してるよね。

    さすが大陸だなって感じだけど、2段重ねでいっぺんに運べれば効率がいい?

    こんなゆっくりでは効率悪過ぎか。

    やはり早さと運べる量のバランスが大事だよね。

    しかし1台のトレーラーヘッドだけで、これだけ牽けるってのはやっぱ凄いな。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    すべての野生動物がアメリカ人のようにファストフードばかり食べていたのならどうなる?


    こうなるようです(笑)

    アメリカ人の中にもスラッとした人はたくさんいるはずですが、ウォルマートに集まる人とか、なにか別な生き物みたいな人がいるので、アメリカ人のイメージってそんなんなっちゃうんだろうね。

    ってか日本と比べてけた外れに、実際にデカイ腹や尻した人が多いみたいだけど。

    日本人と違い、糖尿病になる遺伝子がないとかで、際限なく太ることができるからああなるって話は聞いたことあるけど、食生活が違いすぎるよね。

    とにかく何でもハイカロリーなのだから、動物が同じ食生活したら、本当に動画のようになりかねない。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    えっ?

    どういうこと?


    これ、いったいどうなってるんだ?

    つま先を凍った地面の穴に射し込んで、固定してるのか?

    一人目は少し不自然な感じはするのだが、二人目はつま先を穴に射し込んでるようには見えないんだが、どうやってるんだろう?

    撮影者の笑い方からすると、いたって単純なトリックだから、こんな風に笑える一発ネタなのだろうが、ちょっと解らないな。

    もしかしてスぺツナズとかのロシアの特殊部隊だからできる技とか?

    そんな訳ないと思うが、解った人はコメントで教えてください。

    このページのトップヘ