2016年03月

    GTカーレースでの出来事。



    フェラーリやランボルギーニって普通に走ってるだけで、なんかしょっちゅう燃えてるイメージがあるな。

    しかも町中で。

    なんか高価なだけでダメダメなイメージがあるが、こうしてクラッシュするとさすがスーパーカーで高価いだけのことはあるなって思ってしまうな。

    それなりのスピードで正面から突っ込んでもドライバーがピンピンしてられるのだから。

    GTカーとして安全面も強化されてる部分もあるのだろうけど、スーパーカーだけのことはあるのだろう。

    買えないけど、1度は乗ってみたいもんだ。


    一日の偏狭エンジニアリング!   Art einsky


    いつもいろんな銃を撃ちまくってるあいつか?と思ったら、やっぱりこいつだった。



    2連のショットガンって市販されてるのもあるみたいだけど、さらに大口径のショットガン使って自作してみたぜって感じで撃ってるけど、それだけじゃ我慢できなかったのね。

    銃はデカくて、数がある方がいいって言わんばかりに、4連バレルのショットガン作ったぜぇヒャッハーだな。

    しかしこれ、多連装になればなるほど弾丸を込めるのに時間はかかるし大変そうだ。

    しかも2発目まではいいけど、3発目から変な場所にトリガーが付いてて撃ちにくそうだぞ。

    さらに4発目は作動不良なのか、ポンピングが上手くいかないのかやり直したりしてもたついてるし、弄ってる間に自分の足を撃ってしまいそうで恐いわ。

    もう2連のあたりで気が付いてると思うけど、重くて取り回しがしにくいだろうに、さらに4連にしたら携行にはおもいきり不向きだろうにね。

    素直にオートのショットガンで弾丸をたくさん持ってたほうが実用的なんじゃないかな?

    そんな解りきったことを、あえてしてるのがこの動画主の趣旨なんだろうがね。



    ハーバードの学生が発明した方法でサッカーを30分することで3時間以上の電力を作ることができるようです。



    これはSoccke呼ばれ、耐久性のある防水性であり、それは膨らませる必要もありません。

    ビル・クリントンは「Soccketはすべての家庭に電力をもたらすことができ、未開発国を助けることができる」と考えています。

    とのことで、ボール1つあればできるサッカーが人気があり、子供たちはサッカーで遊ぶのが好きなことで、発電供給できるわけですね。

    こんなん見ちゃうと母親って大変だな。



    4つ子じゃなくて、1人産んで年子で3つ子なのかな?

    なまじ1人が動き回るから余計に大変だな。

    父親は何もしないのか?って思うけど、撮影してるのが父親みたいで、子育てがどれだけ大変なのかを計ってたみたいね。

    もちろん普段は協力してるんだろうけど、1人でやるとなるとこれだけ大変ってことね。

    まあ自分でいろいろ出来るようになるまでの数年間の我慢なんだろうけど、過ぎてしまえばこの大変な作業もいい思い出になるんだろう。

    このページのトップヘ