2016年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    フロリダで行われたNHRAゲーターナショナルのレース中に、ドラッグレーサーであるラリー・ディクソンに起きた事故映像です。



    数秒で1/4マイルを走りきるのですから、その加速は尋常ではなく、ドラッグマシンのノーズ部分に問題があったらしく、あっという間に空中に舞い上がってしまいました。

    しかしこれだけぶっ飛びながらの大事故にもかかわらず、ドライバーは無傷の生還をしていますね。

    見てても生きた心地がしないのだから、ドライバーはもっと生きた心地がしなかったでしょうね。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    サーフィンチャンピオンであるケリー・スレーターの会社は、人工波を生成することができるシステムを開発し、スレーター自身がこの人工波をテストしています。



    コケたりしなければ、ってか体力が続く限り延々と波乗りができる?

    これちょっとやってみたいですね。

    しかしチャンピオンだけあって、ほんとうに乗るの上手いなぁ。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    オーストラリアを恐怖に陥れたイタズラ映像。



    アラブの衣装を着た男が、何か入ってるバッグを投げつけてきたら、そりゃあパニックになるよね。

    本気で逃げ出すのも解る。

    しかしこれ、テロとかとまったく関係ない、普通に生活してるだけのイスラムの人からしたらとんだ風評被害?

    日本だと「何? なに?」とポカーンとしてそうだけど、海外では嘘か本当か解らないし、油断ならないってことなんでしょうね。

    それにしても酷いイタズラだな。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    triton-6600-personal-submarine




    個人的な潜水艦として5万ドルで買えるトリトンと言う名の潜水艦。

    このマシンは毎時3.5マイルの着実なペースで6600フィートの深さに2人の乗客を運ぶことが可能で、10時間の探索ができるそうです。



    この潜水艦を使いモルディブやタヒチなど、地中海で沈没船やサンゴ礁を探検したとのこと。

    かなり手軽な感じの潜水艦で、価格も5万ドルと車を買う感覚で買える感じですね。

    潜水艦はいいけど、潜水艦を運ぶ船が問題か?

    これを運ぶクルーザーとかまで含むと、やっぱりそれなりのお金持ちじゃないと無理か。




    人気ブログランキングへ





      このエントリーをはてなブックマークに追加
    デンマークの首都コペンハーゲンでは、群衆は車ではなく自転車で渋滞しています。



    ヨーロッパなどではエコの精神が盛んで、自転車が好まれてたりするって話は知っていましたが、ここまで自転車が多いとは思いませんでした。

    昔の中国みたい?

    今や中国は車が大渋滞で大気を汚し、台湾やベトナムなどはスクーターやカブの大渋滞をしてますが、先進国になればなるほど自転車が流行るとか、おもしろい現象ともいえますね。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    クリスマスシーズンは去年の話でとっくに過ぎてるのだが、純粋だったあの頃を思い起こさせる動画はいかが?



    穿った目で世界を見る事しかできなくなった、薄汚れた心が洗われる気がしない?



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Aymarナバロ氏がGoProカメラで撮影した映像。

    狭い通路を通ってスキーをすることを恐れない彼の危険なスタントを楽しむことができます。



    短い映像ながら大迫力。

    振り返って降りてきた山を見たらけっこう危険な感じの山なのが解りますね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    台湾桃園国際空港は台湾最大の空港だそう。

    その夜の風景を早回しで見てみると幻想的ですばらしいですね。



    飛行機ってたくさん飛んでるなってイメージはありましたが、こうしてみるとこんなに過密なスケジュールで離発着してるもんなんですね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ライトセーバーの製品は今までいろいろでてきましたが、満足させるだけのものは無かったようです。

    なら作っちゃえとなったのがこれ。



    え~と、ライトセーバーっていうより、小さな火炎放射器?

    オイルライター用のオイルとガスを充填して、ターボライターで火を点けるって、構造は至ってシンプル。

    プラスチックの棒をLEDなどで光らすライトセーバーよりは充実感がある?

    扱いには充分注意しないと火事になるぞ。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「人とは違ったカッコいいトリックショット見せてやるぜぇ」とでも考えてたんだろうなぁ。



    いったい何を考えてるんだろう?

    何も考えてないんだろうなぁ。




    人気ブログランキングへ

    このページのトップヘ