1

バーレーンに住む少年のビラール・アシュラム(Bilal Aslam)は、過去に怪物の手によって明るいピンクで染められるという極端な残虐行為を経験した子猫を見つけ、一緒に帰宅したいと思いました。

2

これを猫にした人は、子猫には何の関心もなく、それがどれほど深刻な影響を受けるかは分かっていませんでした。
彼らはおそらく自分自身の楽しみについて考えているだけで、これをすることで可愛いか面白いと思っていたと思われます。
その少年が猫を見つけた後、BSPCAに持ち込まれ、そこで救助者は子猫にピンキー(Pinky)という名前をつけました。

ピンキーは健康診断を受け、ピンク色に染まったことに加えて、飢えていて、適切な食べ物を与えることや健康への注意が必要なことが判明しました。
ピンキーは染料にアレルギー反応を起こして皮膚が傷つき、鼻の荒れや鼻水を経験しました。

獣医は染料を洗い流そうと数時間を費やしましたが、それは簡単な仕事ではありませんでした。

3

特別な医療用石鹸と数多くの入浴を繰り返しして、染料の一部が薄れることができましたが、すべてではありませんでした。
色は以前よりも軽くなったかもしれませんが、ピンキーはこの先もしばらくはピンクのままです!

ピンキーの健康が回復されると、ピンキーは養子にされるでしょう。
幸いなことに、このような恐ろしい話にはハッピーエンドが待っています。

さらに詳しい情報:BSPCA

4


自然な猫の色じゃないし、可愛いと思う人がいるかもしれないけど、猫は体を舐めたりとピンクに染まった毛を飲み込んだりするので、そんなのが体に良い訳も無く、こんなことしちゃ絶対にダメっ!