1

ジンバブエのワンゲ国立公園で、スピードを出し過ぎた観光客の車によって撥ねられた子象の悲しい瞬間が捉えられました。



このビデオは、サファリの最高のスポットを探していた66歳のハイディ・ハースによって撮影されました。

「この赤ちゃん象がスピード違反の車にぶつけられたのを見たとき、私はショックを受けた」と彼女は語る。

2

子象は足と背骨をやられており、象の群れが子象を起き上がらせようとしていて、地元のレンジャーが救助をしようにも、彼らは踏みつぶされる危険に曝されていたため近寄ることができませんでした。

起き上がることもできず、命も短いことを悟った仲間は少しずつ離れていきました。

3

母親と父親と思われる象だけが最後まで諦めきれずに起き上がらせようとして絶望を叫んでるように見えます。

「それは感情的に見えるため私は涙を流していた。私は再びそのような瞬間を経験したくはありません。」

「これらの壮大な公園を訪れる世界中のすべての人に私が最後にかける言葉は、このような美しい命の喪失は絶対に不必要であるので、スピードの出し過ぎには注意してください。」とハースは語った。