シャチといえば千葉県の鴨川シーワールドの入口にシンボルみたいにシャチの像があり、楽しい楽しいシャチのショーが目玉だったりする。



こうなるとちょっと悲惨だが・・・

自分も小学生の頃にここでシャチやアシカのショーを見て楽しかったのを覚えていたりする。

そんなシャチが東京湾で初めて目撃されてたりします。



いったい何事?

海水の温度変化に伴い、本来オーストラリアなど南の方にしかいなかった猛毒を持つヒョウモンダコが日本で見つかったりと、こういった環境の変化によるものなのか?

シーワールドにいるシャチはよく躾けられていて、芸も達者で見た目もパンダ柄で可愛いのだが、その体はイルカと比べて遥かに大きく驚く。

「シャチ可愛いねぇ~、鳥さん達と仲良く遊んでるよぉ~」なんて微笑ましく見ていると



( ̄□ ̄;)

所詮は獰猛な海の王者でした。

海の王者と言われサメより知能がある分、性質が悪いですね。

パドルサーフィンで楽しんでると



これは生きた心地がしないだろう。

ボートに乗っていても



高速でシャチの群れに追いかけられたら生きた心地がしないよ。

調教師も大変です。



シャチ的にはジャレてるつもりかもしれないが、水の中に引きずり込まれると洒落になりません。

もっと洒落にならないのは・・・



波打ち際ではしゃいでたおじさんが・・・

シャチの怖さはここにありますね。

浅瀬だからって油断してると襲ってくるのだから。

これは助かった例。

ラッコ逃げてぇ~。



よかった よかった。

東京湾でシャチが見つかったなんて聞いたら、ますます海が怖くなって中に入れなくなったぞ。

みなさんも海で遊ぶ機会がこれからあるでしょうが、充分気を付けてください。




人気ブログランキングへ