オーストラリアのテリーという名前の男性とアンナという名前の恋人は、2年間の交際の後にプロポーズが行われたが、非常に珍しいオリジナルのサプライズのおかげで、彼女は大切な指輪を年間を通して長い間、身に着けていたことについて知りませんでした。

1

交際が始まってから最初の記念日に、テリーがアンナに彼自身の手で作られた木製のささやかなペンダントをプレゼントしました。

2

彼女はこのペンダントを、年間を通してほぼ毎日身に着けていました。

3

ペンダントの中に隠されたリングは、適切な瞬間を待っていました。

4

旅行でスコットランドの洞窟に訪問した時に、テリーはアンナにプロポーズの申し出をしました。

5

彼女はとても長い間リングを着用し、それについて知らなかったことにショックを受け、それを紛失する可能性があったことで彼をたしなめました。

6

ハッピーエンドを待つサプライズに、当惑したアンナでしたが、無事に合意されました。

7


素敵なサプライズで、ハッピーエンドになったから良かったものの、この賭けは本当に一世一代の賭けだなw

この彼女が、彼のことを大切に思ってくれる素直な女性だったからよかったのか?

手作りのプレゼントを喜んでくれる女性じゃなかったら、「うわっ、こんなダサいの要らねぇ~」って捨てられるか、どこかに仕舞われて、失くしたことにされかねないもんなぁw

「この前、飲み会で酔っぱらって失くしちゃったぁ~。ごっめ~ん。」とか言われたら悲しいw

その場では喜んでくれてるテイでいてくれるけど、経験上こんな感じ(遠い目)だったなぁ・・・w

ただ相手が悪かっただけかw

素敵なサプライズで真似したいけど、その場合はよく考えてからしようねw