5

セスナ機が台湾の台中を飛行しているときに、エンジンが故障しプロペラが動かないことを経験し、パイロットと副操縦士が冷静に対応している映像です。

彼らは墜落の恐れがあり、パニックになっていた可能性もありましたが、信じられないほど静かな態度によってそれを回避することができました。

4

パイロットが「我々は現在、空中でエンジンの故障を経験している」と言い、動かないプロペラが映ります。

さらに「着陸できそうな土地はありますか? 着陸できそうな場所があれば大丈夫です。」と言い、副操縦士は「キャプテン、今はすべてのことをあなたにお願いします」と。



6


これは緊張なんてもんじゃないだろうな。

操縦士が平静を保っているように見えるが、陸地に降りれたときの安堵のため息を聞くと、実はどれだけ緊張していたかが伺える。

空への憧れってあるけど、稀にこれがあるから怖いんだよなぁ。