オムスク州の村で不登校のティーンエイジャーは秘密基地を装備しています。

それは村の郊外に構築されていた。

そして監督機関の代表者が家宅捜索してチェックしたところ、子供と呼ばれていた彼らが、親や教師も知らないことをしていた。

1

内部にはいくつかのベンチ、テーブル、ベッド、さらにオーブンがありました。

ここでの十代の若者たちは、アルコールや麻薬や賭けをしていました。

2

これは村で唯一の学校で不登校が始まった、冬の始め以来続きました。

3

チェックした後3人の職員によって違法な建物は取り壊されました。

4


酒やタバコくらいのものかと思ったら、麻薬まで手を出してたとか、さすがロシア人の少年たちは一味違うな。

秘密基地で集まるとか、子供の遊びの中ではかなり楽しかった気がするが、ちょっと度がすぎて、これじゃ笑って見てられないな。