1

ハンガリーからイギリスに連れてこられたダックスフントのボブは、耳が聞こえないことに加えてバランスを取ったり歩いたりすることに少し問題があり、この事実をどう扱うべきか分からなかった。

Mayhew Animal Homeのスタッフたちは行動に移り、トイレトレーニングをして歩くようなマナーを教えました。

ボブに命令を教えるために、彼らはアイデアを思いついた。

ボブが手話を手がかりに、意思疎通の練習をするのを見てください。



ボブは現在、新しい家族ができ愛されているようです。

よく見たら「待て」や「お手」など、普通にやるジェスチャーだけど、ボブはこの手の動きだけで理解するしかないんだよな。