1

このポータブル自己膨張構造は、持ち運び可能な小型パッケージなだけでなく、ポケットに入れられるサイズにまで折り畳まれ、広げれば小さな住居スペースを確保できるまで拡大します。

2

マーティン・アズーアによって作成されたベーシック・ハウスは、天才的な「居住可能なボリューム」があります。

折りたたみ可能、膨張可能で、身体や太陽熱を利用して膨張する金属化ポリエステル製です。

3

ひねりを利かせた巧妙なアイデアで、この小さなポータブルスペースは内部を暖めることで、寒い状況から逃れることができます。

多目的で耐久性のあるこのデザインは、ホームレスの避難所や旅行用テント、緊急時の住居など、あらゆることに使用できます。

さらに詳しい情報:Martin Azua

4

5
6




これ、凄く便利っていうか、いざという時に役に立つアイテムじゃないかな?

日帰りのはずのハイキングや山登りが、アクシデントで帰れないとか、急な雨で一晩を過ごさなきゃならないとか、そんな状況でもこれがあれば辛い思いも軽減されるだろう。

災害のとき家に入れないとか、外で過ごさなきゃならないなんてそんな時にも絶対に役立つだろう。

テントよりかさ張らないし、軽いのだから、リュックの隙間に押し込んでおけばいいし、車のダッシュボードに入れて常備しておくなどもいいだろう。

テントのように骨組みが無いので風には弱いなどの難点もあるだろうけど、緊急時に何も無いより全然いいはずだ。