Ashley Glaweは、1月23日にオレゴン州ポートランドの病院に行きました。

私たちが今までに見た中で最も奇妙な緊急事態の1つです。

彼女のペットのヘビ(ボールパイソン)のバートが、彼女の耳たぶに開いた穴で立ち往生していました。

救急室の医師はどんなことにも対処する準備ができていますが、耳からヘビをぶら下げて歩いている女性の姿を見るのは初めてでした。

彼女は「これは狂った人生の瞬間の1つだ」と言い、おそらく医者もまったく同じように感じていたでしょう。

ヘビのバートと遊んでいる時、Glaweは耳の穴をヘビが通過できるか思いつたと言いました。
1


結局バートを取り除くことができず、彼女は緊急治療室に駆けつけました。

医者を待っている間、彼女はこの写真を撮り、写真はFacebookですぐに2万3千人以上が見たものです。

ヘビを耳に入れて虐待したと非難した人もいますが、その事実は事件ではなく、事故であったということです。
2


医師はGlaweの耳の穴に小さな切開を施し、ヘビを取り除くことができました。

彼女の耳は少し刺激を受けましたが、その日の終わりまでに、どちらも無事に病院を出ることができました。
3


さらに詳しい情報:Facebook

これはアホいwww

まあ耳環を入れるのに拡張してきた穴だから、ヘビが通るかどうか、好奇心に駆られる気持ちも解らないではないw

お腹の辺りから太くなっているけど、餌を食べたからなのかな?

それとも普段からこういう形?

さすがに自分で引っ張って抜こうにも、痛くてそれ以上できなかったんだろうし、鱗が引っ掛かって逆側にも引っ張れなかったんだろうな。

災難といえばそうだけど、小さな子供が鼻の穴に豆を詰めて抜けなくなるのと同じで、なんともマヌケを曝してしまったもんだw

こんなの相手にしなきゃいけない場合があるんだから、医者も大変だな。