建設現場のような危険な環境での効果的な手の保護は、長年にわたって難しい目標でしたが、チリの発明者であるホルヘ・ソンビック氏は最終的に本当に安全な解決策を思いついたと主張しています。

足の保護機能は、最近のほとんどの建設現場で必須となっているため、足の安全性はもはや問題ではありませんが、人間の手は無限な課題があります。

防護服会社は新しい作業用手袋を作成する際に機能性、移動性、安全性のバランスを取ろうと積極的に取り組んでいますが、これまでのところ結果は得られていません。

労働者は、大きなハンマーで指を叩いたり、さらに悪いことに、労働災害の際に手の一部を切り裂くという痛ましい痛みに耐えなければなりません。

しかし、ホルヘ・ソンビックの革新的なMark VIII安全手袋は、この問題を解決することを目指しています。

1


手袋に保護具をあまりにも多く入れすぎると、動きが妨げられ、作業者が手を適切に使用することが妨げられます。

保護具が小さすぎると、手を傷つけてしまう可能性があります。

マークVIIIグローブは完全な手の機能性を確保しながらは、ほとんどの事故からの保護機能を備えています。

ソンビックの発明では、破裂しない熱可塑性材料を使用して、ハンマー打撃、あらゆる種類の切傷、穿刺および破砕から指先を保護します。

マークVIIIのプロモーションビデオは、あらゆる種類の虐待から容易に保護する手袋を示し、常に安全性と完璧なモビリティを提供します。

手袋の第1層は容易に貫通することができるが、保護カバーは実質的に破壊不能のようである。

2


チリの発明者はMark VIII手袋が、保守作業から鉱業、林業、漁業などの産業全体の一般的な国内活動のために使用されると見ている。



Mark VIII手袋は、ピッツバーグの発明&新製品展示会で金メダルを獲得し、「安全と安心 - 個人」カテゴリに入った。

これらの革新的な手袋の準備と入手は未だに不明ですが、ソンビックは世界中の大手流通業者と協力して発明を販売しようとしているそうです。



ついこの前、工具使ってて指先を挟んで痛い思いしたばかりだから、誰よりもこのグローブが頼もしく見えるぞw

個人的には指にフィットした、素手感覚で使えるグローブが好みなのだが、電動工具が当たった時や挟んだ時のことを考えたら、このグローブの安心感は頼もしいなんてもんじゃないだろう。