6月に誰かが故意に、このフレンドリーな猫の頭の上に酸を注いで、猫は片目を失いました。

カリフォルニアの高級住宅街に住む猫で、食べ物と愛情を求めていました。

苦しんで彷徨った日々を過ごした後、ある女性が猫を玄関ポーチで見つけ、すぐに猫を獣医に連れて行った。

しかし彼の苦しみはそこで終わらなかった。

どうやら獣医は自分が何をしているのか分からなかった。

獣医は猫にいくつかの抗生物質を与え、FIV(猫免疫不全ウイルス)のために猫をテストし、彼らが子猫を殺そうとしたことを示唆した。

そして身体障害を持つ、高齢者である、終末期の病気を持つ、または虐待され、世話をする恋人を必要とする猫のために人生で第二のチャンスを与えることを専門とする非営利団体Milo's Sanctuaryに連絡しました。

彼らは猫に「サー・トーマス・トゥルーハート卿」と名づけ、抗生物質、鎮痛薬、包帯で1ヶ月以上かけて傷や痛みを和らげました。

猫はまた、皮膚外科手術を受けた。

ミロス・サンクチュアリの彼らのウェブサイトには、「すべてを通して、トミーはとても勇敢で忠実で、猫の世話をする人々にキスをした」と書かれている。

猫の親しみやすさは自分の人生を犠牲にしたが、彼は人間を愛し信頼するのを止めることはできない。

今トミーは生涯ケアフォスターにいて、彼の癒しの旅をサポートするために彼を後援することができます。

さらに詳しい情報:ミロ・サンクチュアリ / Facebook

この野良猫「サー・トーマス・トゥルーハート」(通称トミー)はただの愛を求めていましたが、人間によって頭から酸が注ぎ込まれていました・・・
1

苦しみの日々をおくった後、ある女性は猫を玄関ポーチに見つけて、すぐに彼を獣医に連れて行った。
2

無能な獣医は、猫にいくつかの抗生物質を与え、FIV(猫免疫不全ウイルス)のために猫をテストし、彼らが猫を殺そうとしたことを示唆した。
3

そして、その種の特別なニーズを持つ猫のためにミロのサンクチュアリに連絡しました
4

トミーは抗生物質、鎮痛薬、包帯で1ヶ月以上を過ごしました。
5

「すべてを通して、トミーはとても勇敢で忠実で、彼の世話をする人々にキスをした」
6

彼の人懐っこさは、彼の人生を犠牲にしたが、彼は人間を愛し信頼するのを止めることはできない。
7

今、トミーは生涯ケアフォスターにいて、あなたは彼の癒しの旅をサポートするために彼をスポンサーすることができます!
8


人懐こくて、呼ぶとすぐすり寄ってくる猫はかわいいのだけど、こうした危険な目に会う可能性をはらんでいるんだよなぁ。

猫としては、どうして片目が見えなくなって痛いのか、人間にされたことが原因とは理解できていないのだろう。

どうしたらこんな人懐こい猫に、こんな酷いことができるのだろう?

世の中、猫が好きな人ばかりじゃなく大嫌いな人もいるだろうけど、こんなことするとか、完全に頭おかしいんだろうな。