このエントリーをはてなブックマークに追加


    どちらもタイ人で名前を知らない選手なので解らないのだが、極真空手は黒帯なので、それなりの強い相手同士なのだろうけど、見ていると興奮するね。

    キックの音が凄い痛そう。

    1本芯が通ったような空手の攻撃と、鞭のようにしなるムエタイの攻撃と、甲乙つけがたいのだが、最後はいいパンチがモロに顔面に入ってしまいムエタイが勝利。

    う~ん、残念。

    しかしあんなパンチ食らったら、痛くて戦意喪失しちゃうのも無理はないだろう。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    んなわきゃ~ない。

    くれぐれも本気にしちゃダメだぞ。

    しかし本当にポケモンGOは凄い人気みたいだね。

    みんな躍起になって探してゲットしようとしてるみたいで、そんなだから冗談が通じなくなってる人もいるようで、この動画も現時点で130万再生されてるが、No Goodが4500人ほどいる。

    あまりにも夢中になって、車に撥ねられたりの事故の報告があったりするが、アメリカ人が先陣切って悪い見本を見せてくれてるんだから、みんなも気を付けてプレイしてくれ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    歌うインコやオウムはたくさんいるだろうけど、クチバシで床を叩いてパーカッション代わりにする芸の細かさは珍しいんじゃないかな?

    インコ可愛いな。

    飼いたいけど、猫がいるから我慢するしかないんだよなぁ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    昨日、知り合いがやらかした失敗はなかなか面白かったのだが、そういう時ってカメラで撮ってないんだよなぁ。

    だからこういう映像を撮れる人が羨ましかったりする。

    かといってずっとカメラ回してる訳にもいかないからなぁ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    それほど音楽に詳しいとかって訳じゃないので「chop suey」って知らなかったのでググってみたら

    チャプスイ(広東語 雜碎、英語 chop suey)は、アメリカ式中華料理の一種である。広東省台山市名物の広東料理、炒雜碎(チャーウチャプスイ)がもとになった料理[1]で、豚肉、鶏肉、タマネギ、シイタケ、モヤシなどを炒めてスープを加え煮た後に水溶き片栗粉でとろみをつけ、主菜としてそのままあるいは白飯や中華麺に掛けて食す。

    って、料理名みたいなんだけど、2001年にリリースされたメタルバンドの曲だったのね。



    なんかめちゃくちゃカッコいいじゃないか。

    どおりで色々なカバーがあるのも納得。

    原曲がどんなのか解ったところで、この動物バージョンがいかに陽気になれるかってなもんです。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トルコといえば、クーデター騒ぎがあったばかりだが、そのちょっと前に行われたバイクでの世界記録に挑戦してる映像です。

    クーデターの方では、戦車が人を押し潰していく映像を見てしまったのだが、ちょっと人には見せられないので、こちらのトルコでの挑戦映像をまだ見てないって人もいるかもしれないので記事にしてみました。



    カワサキH2Rでの最高速で400km/hを記録するとか、これも異常な数字を示したもんです。

    あくまでもメーター読みでの400km/hなので、誤差があり正確ではないかもですが、それでも凄いとしか言いようがありませんね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    最長ガラス吊橋は、湖南省の平江県のShiniuzhai国立地質公園のストーンブッダ・マウンテンの2つの崖を結ぶ、最大約984フィート(300メートル)の長さで、590フィート(180メートル)の高さに開かれました。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8


    ほんとガラス張りが好きだよなぁ。

    まあ普通に吊り橋作ったところで、誰も注目しないだろうから、手っ取り早く話題にするのには効果的だろうけどね。

    でも中国製の信頼性を考えると絶対に渡ったらダメな橋のイメージしかないもんな。

    作ったはいいけど、メンテナンスとか疎かとか、予算が無くてメンテナンスできないで崩落とか、嫌な予感しかしないもん。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    親の影響?

    もっと他に夢中になることありそうなもんだけど、なぜかこの赤ちゃんはロッキーのトレーニング風景が大好きみたいだ。

    腕立て伏せやパンチングマシーンなど、確かにあのロッキーのチャレンジャーとしての悲壮感漂うトレーニング風景は、男の子はぷるぷる震えるほどカッコよく見えたもんだけど、この赤ちゃんがそれを理解してるのか?

    前世はボクサー?

    このままボクシングの英才教育をしていけば、もしかして・・・なんて世の中上手くいけばいいんだけど。


    このページのトップヘ