このエントリーをはてなブックマークに追加
    aluminum-titanium-guitar

    この素晴らしいメタルギターは、完全で機能的な楽器ではないかもしれませんが、間違いなく見栄えはいいでしょう。

    ダイシン精機の機械を使い、アルミニウムとチタンの固体ブロックから作られた124個の部品で構成され、軽量の材料のおかげでわずか7kgの重さです。

    残念なことにこの美しさは、ピックアップも機械加工で制作されているために演奏することはできません。



    これは凄いと思ったら、日本の株式会社大槇精機という機械メーカーのマシニングのデモンストレーションだったのですね。

    楽器なんだから、弾けるようにペグとかピックアップとか、普通のギターに使われている既存の部品を使えばいいのにな、と思っていたが、こんな加工もできますってアピールのためにスイッチなどまで徹底して削り出しして作っていたのですね。

    楽器としてではなく、オブジェとしてしか機能していないのだが、もし本当に楽器として弾けても、冬の屋外では冷たくて演奏どころではなくなるなw


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    GoProなどのアクションカムが普及して久しいが、手軽に設置できたりすることで驚きの映像を次々と見せてくれて面白いですね。

    やったことのないスポーツや、乗った事の無い乗り物などでも、その臨場感を感じることができたりして、こうしてダイジェストで見てても凄いと思ってしまう。

    自分では絶対にできない技なんかも、こんな景色に見えるんだって感じることができるしねw

    4Kになったりと性能も上がって、より綺麗で鮮明な映像になってるし、これからも驚きの映像はどんどん増えるだろうね。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    これらの2人はかなり真剣に仕事をしています。

    彼らがノンストップでポーズするのを見てください。

    彼らの集中力を破るものはありません。



    どこのアジアかと思ったら日本かよっw

    ズボンが落ちたくらいでは動じない、プロ根性を垣間見た気がするが、やっぱりちょっと間抜けな気がw

    って言うか、自分で直すんじゃなくて、アシスタントに何がなんでも直させるんだな。

    連続して撮っているので、動くと写真の繋がりが悪くなるってことなのだろうか?

    最後、またずり落ちだして半ケツになっているのがオチなのかw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10


    SNSで誰かが、「良い子だね」って誉めてあげた前後の写真を掲載したところ、自分のペットにも同じことをして掲載しだしたそう。

    目立って多かったのは猫だったそうだが、猫には関係なかったようだw

    うちの猫にもよく「良い子だねぇ~」って言いながら撫でてあげたりするけど、何も変わらないぞw

    しかし犬は表情や態度が変わったりするから面白い。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    カウボーイのコンテストだったのだろうか。



    バランスを崩して落馬して、はっきりとは映っていないが首がいってしまったようで動かなくなってしまった。

    本当、こういうのって僅かな差と、ほんの一瞬の出来事でなってしまうんだよなぁ。

    馬じゃないけど、モトクロスのレースで、目の前で転んだ選手が動かなくなってしまったのを見た時、焦ったのを思い出す。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4

    あるあるw



    高校生くらいで、夏休みにちょっと調子こいてたとか、そんな感じか。

    まあこういうことあるよねw

    まあ大きな怪我して無いようだし、痛てててぇで済んでるようだから、後で笑い話の思い出にはなるな。


    このページのトップヘ