このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    地中海地域に位置する領域の周りにある木は切るときに出血するツリーです。

    これはドラゴンズブラッドツリーと呼ばれており、ドラセナなどの他の名前で知られて、Cinnabariもソコトラドラゴンツリーとも呼ばれています。

    2


    木が切断されると深い血のような赤い樹液が流れることから、神話にあるような竜の血のように適用される特定の医薬品や癒しの力を有していると考えられていた、その歴史的背後にある理由の一つであることから、Ebbsのドラゴンブラッドツリーの樹液が広く地元住民の治癒に用いられ、その優れた力を利用して病気や傷の治療など様々に使用されている。

    またドラゴンブラッドツリーから抽出された樹液はガムの用途もありますが、歯磨き粉やワニスなどの多くの家庭用製品にも使われている。



    こんな木があるなんて知らないで切り倒したりしたら、腰が抜けそうです。

    切った丸太から、こんな赤い樹液がだらだら流れてる姿も、軽くスプラッター映画のようですね。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    いくつになっても虹を見つけると、なんとなくテンションあがるんだけど、さらにこんな神秘的なの見つけたら思わず拝んじゃうかも。

    なんか御利益ありそうな気がしない?


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これは怒るより先に途方に暮れちゃうよね。

    小麦粉1袋を満遍なく家に撒かれてしまっては、どこから手を着けたらいいのか解らなくなっちゃう。

    しかしお母さんの脱力した声が、ものすごいリアルな臨場感があるな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    前記事、前々記事に続き、牛動画3連発目。



    といってもこちらは本物の牛ではなくて、機械の牛。

    しかし本当に華麗という言葉がぴったりくる乗りこなしだな。

    一度このロデオマシンって乗ってみたいのだが、ぐいんぐいん振り回されたら遠心力で振り落とされるんだろうから、やっぱり難しそうだな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    前記事に続き、2連発で牛による事故動画。



    こちらは詳細が何も書かれていなかったので、何も解らないのだが、どこからか逃げ出した牛なのかな?

    近所の人が捕まえようとして、牛の逆鱗にでも触れたのだろうか?

    頭突きで壁に押し付けられたり、角で突き上げられたり、執拗に攻撃されているが、前記事のように死亡はしてないし意識もあるよう。

    でもそれなりの大ケガはしていそうだ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    人気の闘牛士であったVictoバリオはテレビの生放送のリングで亡くなりました。

    バリオは1985年以来闘牛場で死亡した最初のスペインのマタドールですが、彼の死でスペインの伝統を禁止するかどうかをめぐる議論が再燃しています。



    詳しい情報が書かれていないので、映像からの推測でしかないが、胸の脇あたりから突き刺されて、肺どころか心臓まで達したって感じですかね?

    目を見開いたままぐったりしてるところを見ると即死だったのかなって思います。

    人間と牛の命を懸けた勝負をショーとして見せているのだから、こういう事故はあってもおかしくはないと思うんだけど、これで伝統を終わらせるってのも、ちょっとどうかなって気もするし、形を変えて続けてもらいたいとも思いますね。






    このページのトップヘ