このエントリーをはてなブックマークに追加
    エビフライウェアラブルは寝袋と天ぷらの一部のようにハウスで過ごします!
    1

    ブランドが作る家庭を明るくするためのかわいい珍しい生き物や動物のアクセサリーで私たちは目を奪われているが、今、彼らは皆全国の笑いを誘うように設定しているブランドの新しいアイテムは、食品の世界に彼らの注意を回しています。

    さらに詳しい情報:YOU+MORE! 着るエビフライ寝袋

    2

    3
    4
    5
    6



    もしかして日本なのか?

    やっぱり日本なのか?

    と思ってサイト開いて見てみたら、本当に日本だったでござるorz

    また変な物を世界に発信してしまったようだw

    一着、消費税込みで¥8,424とのことだが、すでに肌寒いとすら感じる今年の秋の夜長を過ごすには、温かくて丁度いいアイテムになるかもだ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1



    Fostech Origin12はより良いゾンビ殺傷武器になり、この新しい短銃身のバージョンはあります。
    この更新されたモデルは、前方ハンドル、インラインが取り外し可能で、 ​​および調節可能なガスピストンローディングシステムを装備し、クイックチェンジバレルを誇っています。
    さらに多くの火力を求めている人にとって20または30ラウンドのドラムのいずれかを装備することができます。



    すべての最良の部分?
    30ラウンドのドラムを使用すると、8秒未満でそれらのすべてを発射することができます。
    また、両手利きの安全性を誇り、マガジンの解除、マルチ口径の受信機と全天候型の戦術的なハードケースが付属しています。

    大きな写真:Fostech Origin12

    とのことだが、映像を見たとたん出てきた言葉は「何じゃ!こりゃ~!」だったw

    エゲツないなんてもんじゃないだろう。

    一見、SF映画やアニメに出てきそうなプラスチック部品を多用した、ちょっとオモチャっぽくすら見えるフォルムのショットガンだが、フルオート連射すると半端無い破壊力を発揮する。

    弾が大きいから、大げさにも見えるドラムマガジンを使っても、あっという間に使いきっちゃう。

    これならバイオハザードなどのゾンビも堪らないだろうw

    って本当にこの破壊力をどこで使うつもりなんだ?

    凄い銃を作ったもんだな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    世界で最も過酷なダウンヒルマウンテンバイクのレースの一つとして脚光を浴び、第三版は、ウェールズのディナスMawddwyの丘にこれまで以上のコースになりました。

    とのことで、これはただ過酷ってだけじゃなく危険でもあるレースだな。

    リザルトは

    バーナード・カー(GBR)3:32.46
    Ruaridhカニンガム(GBR)3:34.86
    アダムブレイトン(GBR)3:35.50
    ジー・アサートン(GBR)3:35.97
    ジョージ・ブラニガン(NZ)3:39.14
    ミック・ハンナ(AUS)3:39.28
    エディ・マスターズ(NZ)3:39.94
    ジョー・スミス(GBR)3:40.21
    テイラー・バーノン(GBR)3:41.22
    ブルックマクドナルド(NZ)3:41.30
    マーク・ウォレス(CAN)3:41.82
    アル・ボンド(GBR)3:47.24
    ダン・アサートン(GBR)3:47.66
    グレアム・マッド(AUS)3:49.50

    でバーナード・カーが2連覇を修めたとのこと。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1年を通し150マイル以上の距離を走り、2015年モンタナ州のマディソンマラソンの映像も含まれて、98366枚の写真を繋ぎ合わせて作られた動画。

    ちょっと季節の流れが忙しないけど、面白い動画になっている。

    しかし1年通して同じ道を通り、写真を撮り溜めるのも大変だったろうな。

    特に冬の雪の中を自転車で走るのは危険で大変だったろう。

    何が大変って、やっぱり10万枚弱の写真を繋げる作業だよなぁ。

    考えるだけで気が遠くなりそうだw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    我々が知っているように、猫はあまり水が好きではないですが、公海を航行することは別のものであり、船員はペルシャ猫が過去8年間に何をしたか知っています。
    2008年以来気難しいネコが生活しており、ミニチュア船員の衣装を着たキャプテンウラジミールKotinはモスクワとサンクトペテルブルグ間を観光客のためにロシアのクルーズ船上で働きます。
    2

    深夜から午前4時まで船長は艦橋上で注視を維持する(私たちからは睡眠を意味する)が見みられ、船員は外洋を航海するために生まれたかわいい船長が見られます。
    3

    4

    船を訪問した時に投稿者のjornalistsは、船上で他の猫に会いました。
    船長は、あの猫は船員の会社を維持するための第2の雄猫を得たと述べました。
    若い船員は少し怠惰になる傾向があるものの2匹は仲良がいいです。
    5


    しかしブサイク・・・いや、ブサ可愛い猫だなw

    なんとなく元エリツィン大統領を彷彿とさせる?w

    日本にはネコ駅長がいるが、ロシアはネコ船長ときたか。

    まあ大航海時代から、船の荷物をネズミから守るために猫を船に乗せていないと保険が受けられないとか、昔からそういう習慣があったから不思議はないのか。

    船長の制服もよく出来ているし、コロコロまでかけて抜け毛を取って身だしなみもバッチリ。

    新米船員の猫も、実に猫らしい働きをしているなw






      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これは死角になって見えにくいパターンだろうなぁ。

    駐車場の全体像が解らないから何ともいえないけど、車に乗り込むときに子供の存在に気が付かなかったのかな?とは思う。

    みんな車の下に潜り込んでしまったが、ベキベキゴリゴリと踏まれて見える男の子の腕が怖さを倍増させているな。

    絶対に道や駐車場で遊ばせてはいけないなって思わせてくれる映像だ。


    このページのトップヘ