このエントリーをはてなブックマークに追加


    これも思わず顔を避けちゃったよw

    信号も何も無い直線道路で、前の車のブレーキランプが点いて右に寄りだしたので変だな、と思ったらドカーンだもんなぁ・・・

    これじゃ避けるもなにも出来ないだろう。

    突っ込んできた対向車はマツダCX-5で、撮影車は三菱アウトランダーだったそうで、ドライバーは脳震盪と顎を痛め、鼻と足を骨折したそう。

    また他の車両はスズキエスクードだったそうで、外国なのに日本車しかでてこない奇妙さだ。

    まあそれだけ日本車が売れて走ってるってことなんだろうけど、そんな確率ってどれくらいあるもんなんだろう?




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_1307

    車が行きかう道路を、人がぷらぷらしてるのは日常茶飯事だろうけど、何でそのタイミングなんだ?



    って言うか、何でウィリーしたんだ?

    そもそもあの3輪タクシーに4人も乗っててウィリーする力があることに驚いた。

    前に運転手だけで、後ろに巨漢が乗ってたとかなら、なんとなく納得できるんだけど、前に男性が2人で後ろに女性が2人と、それで何でウィリーできたのだろうか?

    しかも歩行者に向かって行く形で襲いかかってるのだから奇妙だ。

    3輪タクシーの造りから軽いといっても、大人4人の重さが加わっているし、当たり所が悪かったようで、歩行者は亡くなってしまったようだ。



      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これはあれか?

    天井から吊るしたバナナと、棒と台を置いておいて、猿が道具を使って獲れるかどうかの実験みたいなアレか?w

    投稿主のコメントで「人種差別はいくない:)」って書かれているが、悪意あるだろw

    この黒人の人もネタとしてやっているのか、素でやってるのか解らないからなぁ。

    ただ世の中、これくらいの脚立にも高所恐怖症で登れない人がいるのは確かだ。

    知り合いにいたけど、登らせて作業させようとしたら、2段くらい上がったところで脚立がガタガタ揺れ出して、危ないから作業を止めさせたことがあるw

    もしかしたら、この人も登るのが怖くて、脚立をこうして使ったのかもしれない?






      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これちょっといいかもしれない。

    よくあるキャビネットを組み合わせ、板を貼るだけでベッドになるし、下の空間は秘密基地的に使ったり、大容量の収納になるもんね。

    キャビネットは素人でも組み立てられるようになってるし、後は板を必要な長さに切り揃えるなど大きな大工仕事や道具を必要としないしね。

    壁に穴を開けたり、板を取り付けられないって状況なら、全面をキャビネットにしてしまい、壁側のキャビネットだけを内側に向けて設置すれば、それ自体も収納棚になるな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    Fan Fuguiは、残念なことに視神経萎縮と診断された1歳の子供の父親です。

    手術を受けなければ、子供はすぐに盲目になるでしょう。

    男は妻と子供を通りに連れて行って、パンツ1枚の姿になり、竹の棒で自分を叩いてくれと言いました。

    しかし、叩く代わりに目の治療のための寄付をしてくださいと頼み、彼は子供のための費用の14,600ドルを調達しました。

    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9


    真冬の寒空の下、パンツ1枚になって、ここまでやるかって父親の愛に涙が止まらなくなる。

    事情を知った中国人も、さすがに本当に叩いて寄付するほど鬼ではなかったようだ。

    人の目を引くパフォーマンスってこともあるかもだが、パンツ1枚になって叩かれ屋をやるって意味はちょっと理解できないものがあるな。

    子供が病気なのは自分のせいって自責の念を抱いてしまって、叩かれようとしているのだろうか?

    それとも、これは詐欺などではないって証明するためだろうか?

    中国では足の無い人など障害者を装い、ありとあらゆる手を使い金を稼ごうとするプロの乞食がいて問題になってたりするから、こうして裸で防具など着けていないって見せるくらいのことをしなくちゃいけないんだろうな。

    生半可なお涙ちょうだいでは通用しない、そうまでしなきゃいけない中国の事情ってのもアレだが、正直自分も最初は「本当か?」って穿った目で見てたからなぁ。

    日ごろの行いは大事だな。

    今回は父親の愛が通じてよかった。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    インドネシアのジャワでカメラにキャッチされた女性は、41回の切り返しと、3回スクーターを降りて他のバイクを移動させるなどしてやっと駐車スペースから抜け出ることができましたw



    Immam Masrufiによって撮影され投稿され、あまりのおバカさが話題となり400万回以上視聴された動画だそうw

    空間認識能力が致命的なほどに無いというか、ハンドルを切ったらこう曲がるって頭と体がバラバラに反応してるんだろうなw

    スクーターでこれなのだから、車に乗ったら絶対にバックできないだろうな。



    このページのトップヘ