このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    慣性というものを知らないのかな?

    カッコよくバスから降りられると思っちゃったんだろうなw



    飛び降りるにはちょっとまだスピードがあり過ぎたなw

    降りた場所が悪く、駐車車両にぶつかりに行く形になって「ゴッ!」っていい音させてたけど大丈夫か?

    車のセキュリティーが反応してる最中、心配して集まった人たちに「大丈夫だいじょぶ」ってちょっとふらつきながら歩きだしているけど、これ、体の痛さより恥ずかしくて早くその場を立ち去りたかったんだろうなw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3

    ノボシビルスクで強い風が吹いて屋根を引き裂いてしまいました。



    強い風が吹き出したなと思ったら、屋根がふわふわしだしてるな。

    だからこれ撮影してたんだな。

    局所的な突風か何かが直撃したのかな?

    人が立っていられないほどの強風ってわけじゃなさそうだけど、屋根が一気に持って行かれてしまった。

    これは建物の中の人たちも「えぇぇぇーっ?」になっただろうな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    もしかして自転車レーンをバイクが走ってることに腹を立ててキーを抜き取ったとかなのかな?

    Cyclist Tries To Steal A Bikers Keys & Instantly Regrets It!


    そうだとしたらバイクも悪いが、タダのイタズラなら悪質だしなぁ。

    まあキーを抜かれたりしたらバイクも必死になるから本気で追いかけて取り返すよな。

    ボコボコに殴ったぐらいで許すとか、なかなか心が広い?

    バイクが倒れたことでミラーやウィンカーが壊れてるかもしれないし、タンクが凹んだり傷がついてる可能性だってあるから、修理代とか取らないとか優しいなw

    性質が悪い奴だったら硬いブーツのつま先で、頭をサッカーボールキックされてもおかしくなかっただろう。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    大丈夫か? これ?



    とっても痛そうなんですけどw

    歯医者が使ってる炭酸ガスレーザーは麻酔効果があるとかで、抜歯した後の穴をそれで焼いてもらうと痛みも無くなって血が止まったりした経験はあるけど、このレーザー彫刻するやつは違うよね?

    それに出力とかどうなってるんだろ?

    下手したら皮膚の下の組織まで破壊してしまって、取り返しのつかない事態になったりするんじゃないか?

    昔、美容整形でタトゥーの除去手術で、レーザー出力を上げ過ぎて腕をズタボロにして訴えられてた医者がいたりした記憶があるのだが。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    動物の救助者は、野生動物や捨てられた動物を救助するために汚れることに慣れていますが、このカリフォルニアの救助者は、育児放棄された子犬を洞窟の深いところから救うために潜って行きました。

    今週、Hope For Pawsの動物救助組織の一員が、棄てられた子犬のグループについての電話を受け、同僚のLisa M. Asheと救助活動に参加しました。

    彼らの友人である動物への愛で、彼らはすぐにその場に行き、子犬を救う決心をしました。

    1

    しかし彼らが現場に到着したとき、想像していたよりも遥かに救助が困難になるだろうことに気がついた。

    野生で生まれた子犬たちは、元々人間と接触したことがなかったのです。

    救助者が食べ物で釣り、家である洞窟から這い上がってきたが、救助者が兄弟の内の一匹を掴まえたとき、怯えた兄弟たちは洞窟の奥に逃げ込んでしまいました。

    2

    「これは厄介なことになるだろう」と救助隊のEldad Hagarは言いました。

    Hagarは慎重に穴を掘り広げ、洞窟の中に入ることができた。

    彼は洞窟の18フィート(約5.5メートル)奥にいる子犬を捉えることができたとき、慎重に子犬らを一度に一匹ずつ引き出しました。

    3

    チームは一日中疲れを感じず、外が暗くなる頃には9匹の子犬全員を救助して動物病院に連れて行き、検査を受けてから、新しい代理母に紹介した。

    これらの救助者が9匹の子犬を救った信じられないほど過酷な方法をビデオで見てください。



    人間を見たのが初めてで、何をされるのか解らないのだから、子犬たちは恐怖に怯えるのも無理はないな。

    一匹掴まる度に悲痛な叫びをする兄弟の鳴き声が聞こえたら、益々怯えてしまい奥に奥にと逃げ込まれてしまう。

    これ、穴に入るのが大変なのは言うに及ばず、いつ崩れてくるか解らない恐怖があるから、子犬たち同様に救助者も怖かったんじゃないかな?

    でも子犬たちを救い出したい一心で夢中にやってたんだろう。

    救助されて、危害を加えられないことが解って安心したのか、ご飯を食べてぐっすり寝ているところは子犬らしく単純でいいなw



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    8

    無賃乗車で屋根の上に乗って、パンタグラフを触って感電したんだろうな。



    助けに行きたくても高い場所だし、自分も感電してしまうだろうから助けに行けないだろうな。

    体から煙が出ているけど、必死に助けを求めているんだろうか?

    と思ったが、煙は別の場所から出ているようだ。

    なんとか自力で屋根の上から転げ落ちてきたけれど、そこで動かなくなってしまった。

    ほんの一瞬で皮膚がズタボロになるとか、感電ってのは苦しそうだ。


    このページのトップヘ