このエントリーをはてなブックマークに追加
    人気の闘牛士であったVictoバリオはテレビの生放送のリングで亡くなりました。

    バリオは1985年以来闘牛場で死亡した最初のスペインのマタドールですが、彼の死でスペインの伝統を禁止するかどうかをめぐる議論が再燃しています。



    詳しい情報が書かれていないので、映像からの推測でしかないが、胸の脇あたりから突き刺されて、肺どころか心臓まで達したって感じですかね?

    目を見開いたままぐったりしてるところを見ると即死だったのかなって思います。

    人間と牛の命を懸けた勝負をショーとして見せているのだから、こういう事故はあってもおかしくはないと思うんだけど、これで伝統を終わらせるってのも、ちょっとどうかなって気もするし、形を変えて続けてもらいたいとも思いますね。






      このエントリーをはてなブックマークに追加


    仲間内での、ちょっとした痛い失敗は笑えるからいいか。

    このくらいのことがあった方が盛り上がったりするよね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    3Dプリンターを大きくしたような感じで、マシニングのようにツールを着け換えて種まきも水やりも、なんと雑草抜きもやってくれる完全な全自動ロボットだ。

    これは超便利?

    家庭菜園やってみたいって人も失敗は無くなりそう。

    あっ、でもトマトとか添え木が必要な物は無理っぽい?

    あと1畳ほどの家庭菜園でしか、このシステムじゃ無理か?

    大きな農場でこの機械を設置するのは出来ないだろうな。

    でも近い将来にGPSやドローンを使って大きな畑でもできるシステムを構築する人も出てくるかもね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1



    かつてボーイングのエンジニアだった68歳のスティーブ・ドブス。
    彼の孫は通常のおもちゃでは簡単に飽きていたので、彼はいくつかのディズニーをテーマにしたアトラクションを建設することを決めたと言います。
    あなたは「スモールワールド」、「ファインディング・ニモ」、さらには「マッターホルン」のジェットコースターを見つけることができます。



    最大185ポンドの人を乗せてサポートすることができるコースターを、毎時12マイルで遠心力を測定する機構が装備されている。

    2
    3
    4
    5
    6


    お爺ちゃん、孫を甘やかしすぎ。

    しかし黙っていられない、孫可愛さの爺じパワーが為せる業か。

    まあ元エンジニアだけあって、ちゃんとした設計と強度があるのだろうけど、大人が乗っても微妙なスリル感が味わえそうだ。

    こんなのがあったら爺ちゃんちに行くって、孫も喜んでくるだろうしね。

    近所の子供や大人にも解放してるようだが、人力のコースターだから、子供に付き合ってたらヘトヘトになりそうだぞ。

    しかし日本だから変に聞こえるけど、「ドブス」ランドってすげー名前だな。






      このエントリーをはてなブックマークに追加


    何事も無かったかのように通り過ぎる人たち。

    この人たちの心理状態ってどうなってるのだろう?

    面倒なことに関わりたくない一心なのだろうか?

    せめて警察や救急車など電話するくらいしてもよさそうなのだが。

    こうはなりたくないもんです。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1




    日本をベースとするリバティウォークパフォーマンスは、その異様なボディキットのために知られており、このBMW M4も間違いなく例外ではありません。
    グラスファイバー($ 8400 USD)またはフルカーボンファイバー($9900USD)で購入可能なこのキットには、拡張されたホイールアーチ、新しいトランクスポイラーと車の下に空気の流れを向上させるためのリアディフューザーを誇っています。

    2
    3
    4
    5


    カッコいいけど、なんか日本人好みっぽいデザインだなと思ってたら、本当に日本の名古屋にあるプレミアワークス:リバティーウォークってお店の作品でした。

    このド迫力なボディキットで海外で話題になり人気もあるようです。

    しかし動画のコメには現時点で「この曲は何ですか?」って質問ばかりだったのが残念。

    タイトルの「ストームトルーパーからインスピレーションを受けている」って部分もネタ元サイトが勝手に付けただけかな?


    このページのトップヘ