このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    フロリダの男性がペリカンを後ろから近づき素手で捕まえたのは単なるイタズラではなかった。

    ペリカンのクチバシには釣り糸が絡まり、このままでは餌を獲ることも食べることもできずに餓死するところでした。



    釣り糸を外そうにもガッチリ絡まってしまい外せないところをナイフを持って現れたもう一人の男性が糸を切り、口の中に他の異物が残っていないか確認してから放してやりました。

    これで餓死する心配もなくなりましたね。

    最初、アホがイタズラでペリカン捕まえてるのかと思ってたら、救助だったので、これはグッジョブ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5

    インドネシアのスラウェシ島西部の遠隔地の村で、ヤシ油を収穫するために出発したAkbar Salubiro(25歳)が先週の日曜日の夜に行方不明になり、翌日夕方、アクバル(Akbar)の自宅の庭に巨大なパイソンがいるのを発見し、その7メートルの長さのパイソンの腹を切り開いてみたら、窒息して飲み込まれてしまったアクバルの体が見つかった。



    仕事から帰宅して、自宅の敷地内か、ほんとに近所でヘビに襲われて飲み込まれてしまったってことか。

    子供が飲み込まれたってのは解るが、25歳の大人を飲み込むとか驚きだな。

    ヘビも重くて容易に動けなかったんだろうな。

    家を目の前にしてヘビに襲われ飲み込まれるとか、インドネシアもおっかねぇな。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4

    バッグから2本のナイフを取り出したかと思ったら、前にいた人をいきなりパスパスと刺しだすとか怖すぎるだろ。



    バイキングってか社食みたいに食べ物を選んでいくフードコートなのかな?

    何にしようかなって選んでいるところを、いきなりだから防ぎようもないものな。

    ボッコボコに叩かれ取り押さえられたから頭にケガしてるんだろうけど、捕まえてみるとけっこう高齢者だったんだな。

    被害者が無事なのか、何でこんな犯行にでたのかさっぱり解ってないが、完全に頭おかしいんだろうな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    あ~、ロシア版だとこうなるのかw



    ほとんど知らない歌ばっかりだけど「t.A.T.u. 」は解ったw

    日本版は原作のアメリカ寄りに作られてるだろうけど、ロシアはロシア色を打ち出しているんだな。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    11
    12
    10
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24


    男性よりも女性の平均寿命が長い理由がなんとなく解っちゃったw

    これらの男性のように女性は無茶なことやアホなことをあまりしないってことだな。

    そんなバカなw・・・って気もするが、生物学的にどうのより説得力があるような気がするw

    日本人の平均寿命が長い理由ってのも、外国人ほどアホなことをしていないってことで納得がいきそうな気がするw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1




    革新的な電動車椅子Scewoは誰の手も借りずに階段を利用できるように、複数の独立したゴムトラックを使用して障害物を越え、ダイナミックな体験をユーザーに提供します。

    乗り降りの「安全」(safe)と、目線の高さを確保するための「上昇」(elevated)、障害物の走破力を高めるための「追尾」(track)の3つのモードから選択できます。



    「Scewo」車椅子の頑丈なゴム製のトラックは階段を上下するのに快適で安全に乗り降りを可能にし、その幅広いベースは螺旋階段の場合でも椅子を安定させることができます。

    人が車椅子を制御するためには、ジョイスティックや体重で重心移動を使用するかしながら、セルフバランスチェアは、縁石などの一般的な障害物の上でも俊敏に追随します。

    2
    3
    4


    スイス連邦チューリッヒ工科大学校で2014年の夏にこの開発プロジェクトが開始されたそう。

    最初に何か変だなと思ってたら、セグウェイみたいに2輪だけでセルフバランスをとっていたんだな。

    トラックと書かれているゴム製キャタピラっていうかクローラー?で階段を上り下りするのはちょっと怖い?

    雨の後で濡れてたりすると滑る可能性がありそうな気がするのだが。

    でもやっぱり、こういうのが普及するようになれば、足の不自由な人たちの行動範囲も飛躍的に上がるだろうね。



    このページのトップヘ