このエントリーをはてなブックマークに追加


    雷が鳴りだしたので、ミニチュアホースを納屋に入れてたそうで、記録しておこうとカメラを回していたところ、近くに雷が落ちた。

    びっくりした父親がコケて、それを大笑いしてるが、それどころじゃないだろw

    それともこれはあれか?

    あまりの恐怖で変なスイッチ入っちゃって、なぜか笑ってしまうアレなのか?

    酷い娘だと思ったが、それなら納得だなw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2
    3
    4


    中国の公園はオープンするようにスケジュールされた、わずか数日前に破損してしまいました。

    山の北斜面が突然崩壊し、幸いにも死傷者はなかったもよう。

    公園に構築された新しい施設は完全に払拭され、現在労働者は施設を再構築できるように岩を除去することに注力しなければなりません。

    とのことで、何かいかにも中国らしいって感じがひしひしとするw

    しかし周りがまっ平らな土地に、ポコッとこの貧相なハゲ山だけあるとか、不思議なというか不自然な山だな。

    もしかして、周りにもあった山を削り取りまくって、この山だけ残った?

    そう考えると起こるべくして起こった崩壊ってのも納得いくし、やっぱり中国らしいって思ってしまうなw


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    インドの村でかなりの重傷を負ったロバの子供が発見され、村人はアニマルエイドアンリミテッド(AAU)に電話をして救助を求めました。

    AAUが駆けつけたときにロバの体には黄色の粉が掛けられていて、それはウコンの粉末だとのこと。

    さすがカレーの国って感じですが、ウコンには抗菌資質や傷口の血液を凝固させる作用もあるとか。

    そのウコンがかけられてる範囲からロバが甚大な傷口を持っている事が推測され、ロバが襲われている所を目撃した者は居ないものの、ジャッカルや狼に襲われたのではないかと思われ、母ロバは必死に後ろ足でそれらを撃退させたもよう。
    0010-Genevieve-1024x576

    AAUは深い傷が複数あることは解っていたが、連れて帰って調べてみると12か所もの咬傷があったとのこと。

    以下はそのときの記録映像です。



    子供のことが心配で堪らない母ロバですが、初めて車に乗るのは怖がります。

    でも人間が助けてくれてることは解ってるようで、治療中も側にいながら、人間のすることを邪魔するようなことはしませんでした。

    元々優しそうな目をしてるロバですが、心配そうに治療を見つめる母ロバの目は、さらに優しそうに見えます。



      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これはないわぁ・・・

    生徒たちが先生の誕生日プレゼントに用意したハムスターだが、先生はネズミが嫌いだったんだろうな。

    生徒たちの行為は、先生には嫌がらせに感じてしまったのかもだが、その場で袋ごと思い切り何度も踏み潰し、ゴミ箱に投げ込むとか、生徒ドン引きで何も言えなくなってしまった。

    誕生日を祝ってくれるほど好かれてた先生だったのだろうが、この一件で取り戻せない深い溝が出来てしまったろうな。

    生徒たちの幼いというか、浅はかな発想が招いてしまった悲劇だが、好きか嫌いかも調べずに生き物を贈るとか馬鹿すぎだが、訳も聞かず一瞬であの行動に移した先生もどうかしてる。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    何が何だか、さっぱり解らなかったので、タイトルの付けようがなかったから、原文のタイトルのままにしたが、やっぱり解らないなw

    ガソリンスタンドでのトラブルなのか、強盗事件なのか、とにかく映ってる人たちの関係性が全く解らない。

    インディアンのコスプレみたいな彼女も、スカートの中から拳銃を取り出すなど、みんな拳銃を持ってるし、なぜいきなり仲間割れ?してるのか、本当に訳ワカメだ。

    何だかストーリーが破綻してるというか、難解な、性質の悪いアングラ演劇でも見させられてるような気分になるな。

    誰か代わりに解説していただきたいw

    唯一解るのは、アメリカ怖ぇ~って事だけだ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Unicorn-in-the-wild

    ユニコーンはギリシャ神話で、自然の歴史の中で実際には発見されていませんが、ユニコーンは処女によって唯一飼い慣らすことができたと考えられています。

    ユニコーンはまた、病人を癒し(例えば、汚染された水など)彼らの魔法のエッセンスで毒を清めると知られていました。

    ユニコーンの気質は荒々しく、自分自身をコントロールすることができませんでしたが、多くの場合、乙女の愛情を受けやすい傾向が非常に強かったようです。

    女性らしい柔らかな精神が、この獣が持っている不安を和らげたからだと考えられています。

    ユニコーンは座る乙女に近づき、彼女の膝で眠りに落ちることになります。

    ユニコーンハンターの人間は、この利点を利用して、それを悪用することになります。

    しかし闇市場で人々がユニコーンの角だったと主張する物は、実際はイッカクの角を売却してるものでした。

    このビデオでは職場の窓の外に野生のユニコーンがいました。



    これが本物のユニコーンだったら世紀の大発見になるんだがな。

    まあ誰かが白い馬を見つけて紙で作った角を付けたとかのイタズラだろうなw


    このページのトップヘ