このエントリーをはてなブックマークに追加


    少年のギャングチームの抗争かと思ったが、襲われた少年の姿は至って普通の少年でしかなく、そんな悪いことや危険なことをしているようにはとても見えない。

    そんな少年がなぜここまでされてしまったのか?

    そんなに怨みを買うようなことをしでかしたのか?

    暴行していた少年たちも限度を知らないというか、ここまでするかって感じだ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    牛追い祭りなのだろうが、なぜこの男はこんなに無防備で油断していたのだろうか?

    すぐ後ろに牛がいるのに、余裕なところを見せてカッコいいだろアピールしてたのか?

    だとしたら愚かとしか言いようがないな。

    それともただのうっかりさん?


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    宝くじに当たる確率より、雷に撃たれる確立の方が高いなんて話を聞いた事があるが、どうなんだろ?

    もちろん雷より、宝くじに当たってほしいのは言うまでもないw

    しかしこんな珍しい瞬間はちょっと見てみたい気もする。

    こんなのを目の当たりにできたら、驚きと興奮を抑えられないだろう。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    中国は奇妙な、何とか現代と伝統の中で二つの概念を結合する方法を発見しました。
    2

    多くの人が友達を作ろうとして多くの時間を費やしています。
    同僚、隣人、そして仲間の学生すべてが同じような興味と情熱を持つ人を求めています。
    部分的にこれは、社会的支援のネットワークを作成することです。
    他の時間は、単に人気を増やしたいという願望です。
    葬式にストリッパーを呼ぶ中国の伝統は間違いなく第二のカテゴリーに分類されます。
    同じ現象は台湾で頻繁に発生します。
    何世紀もの間、故人の葬式で出席率を上げるために行われるダンサーに人気があります。
    また、死後の世界で死んだ人の成功と富を示唆しています。
    3

    ストリッパーは比較的新しく追加されました。
    彼女らの存在は、ソーシャルメディア上で循環する一連のビデオによって強調されています。
    最も人気のあるビデオは氏建のための2015年の葬儀です。
    彼女らは建の棺の周りを旋回し踊り、黒革のビキニのトップス、ゴムぞうり、とニーハイレザーブーツ姿の2人のストリッパーを示しています。
    4

    文化省はストリッパーの行動を非難し続けています。
    河北省の葬儀では、ストリッパーは公共ヌードに対する中国のわいせつ法違反で、彼女のブラジャーを削除しました。
    政府はストリッパーや下品な行動のためのエンターテインメント企業の両方に罰金を課しました。
    同様に江蘇省で6歳の少年の葬儀で行われたストリッパーは、政府から罰金を受けました。
    中国当局が行動を取り締まってはいるが、死に近づいている男性は熱望しています。
    いくつかは大きな地位を誇示するチャンスを失うことに文句を言います。
    その他は単に不気味です。
    ナショナルジオグラフィックのビデオで紹介したジョンは、彼が死後の世界からストリッパーを見ることができるように、彼の棺に穴を開けることを要求しました。


    所変わればとは言うけれど、これはさすがに奇妙で不気味としか言いようがないかも。

    以前、台湾の葬儀の仕方がどうも変だという記事でミニスカ姿のマーチングバンドが棺桶の周りを演奏しながら回る奇妙な葬式を紹介したが、それより斜め上をいく中国はさすがだなw



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    台湾の台北に住む女の子は「羅仕茹國際粉絲後援會」としてもしられている。

    詳しい情報:facebook







    テクニックどうこうは解らないが、なんとも楽しそうにドラムを叩いてるのは解る。

    かわいい女の子がドラムを叩いてる姿もいいもんだな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ① 教会に行くのを逃れるために車を盗んだ子供
    1

    彼は教会に行きたくなかったので、ユタ州に住むの7才の少年は警察に追跡されました。

    警察は不安定な運転をするドライバーを見つけ徹底的に追跡したが、車を止めて彼の父の家に駆け込んだ人物を見て、誰が運転していたかを知りショックを受けていました。

    人の気持ちがわかる役員は、両親に彼を法律制度に服従させるよりはむしろ、少年を躾させ取り扱わせることを選びました。


    ② 老人が乗ったままの車を盗んで、無謀運転をする前に老人を家に連れて行き降ろした男の子
    2

    2016年3月に買い物をする間、88才の老人を車両の中に残しておいた家族から、14才の少年は車を盗みました。

    少なくとも彼は礼儀正しかった。
    少年は無謀運転を続ける前に、怖がる老人を自宅に送り届け降ろしました。(少年の両親は老人に優しくしなさいと彼に躾たと私は推測します?)

    シカゴのパークリッジに住む少年はその後、重罪なカージャックの嫌疑をうけました。

    ③ 100MPH以上の速度で警察とカーチェイスを演じた12才
    3

    12才の女の子は、彼女の5才の妹を連れて、テキサスにある彼女の祖母の車に乗り時速100マイル以上の速度のカー・チェイスになりました。

    彼女の祖母からの通報で起こっていたことについて知るだけで、女の子が誘拐されたと思いました。
    警察は車を探し出すことができ、その後に追跡は起こりました。
    女の子は資産を盗むことを含む複数の重罪の嫌疑をうけました。


    ④ お婆ちゃんに会うために彼らのお母さんの車を「借りた」未就学児童
    4

    2人の未就学児童は、旅行のために彼らのお母さんのSUVを「借りた」ほどひどく彼らの祖母に会いたかった。 しかし、あまり遠く行けませんでした。

    子供(3歳と5歳)はペダルに足を達することができなかったが、なんとかエンジンを始動し走行して、ワシントンのシアトル郊外のFederalウェイの交差点まで着くことができたが、走行中の車両と衝突しました。
    そして幸運にも、関係するすべての誰も怪我をすることはありませんでした。

    ⑤ 隣家にジープを衝突させた冒険好きな幼児
    5

    おしめを着けた3才の男の子は、オレゴン州のMyrtleクリークの隣人の家に、ジープ・ラングラーで突っ込みました。

    お母さんが見てない隙に、冒険好きな幼児はこっそり彼女のキーを盗んで、彼女のジープを走らせ、隣人の家に衝突させました。
    驚いた子供は車から飛び出て、届けを聞いた警察が駆けつけ目にしたのは、ソファーの上で漫画を見ている子供でした。

    ⑥ 両親の車を盗んで、彼が免許証を忘れた小人であると警察に話した男の子
    6

    2014年に親の車を盗み、10才の男の子は無謀運転に出かけました。
    そして捕まった時に彼は運転免許証を忘れた小人であると警察に話しました。

    Dokka(オスロの町110km(68マイル)の北)の近くに住む狡猾な子供は 彼の両親が眠っているとき、60km先のValdresにある祖父母を訪ねるために車で走り去るとき、彼の18ヵ月の妹を一緒に連れていきました。

    10キロメートル走った後に、除雪装置運転者によって見つかり警察に通報したました。
    幸運にも、どちらの子供も負傷しておらず、車も損害を受けませんでした。

    ⑦ ミキサー車を運転し警察に逮捕された11才
    7

    2016年にミキサー車を盗んで、ミネソタ州のドッジ郡とドッジセンターのいくつかの町で高速追跡をリードしたとして、11才の男の子は逮捕されました。

    ハイウェイや砂利道をと郡道と都市通りを横断していて、毎時70マイルまで速度に達している間、男の子は警察に用心しました。
    彼は停止を装い、警察が彼らの車両から降りたとき、再び走り出し翻弄します。
    結局、彼は1時間以上、地元の警察ヘリコプターと警察は彼を追いました。


    ⑧ 公道で彼のおもちゃのトラックを運転しようとした幼児
    8

    2016年1月に、3才児は家からこっそり忍び出しました
    彼のお父さんが洗面所にいた時に、子供は動力付おもちゃのトラックにピョンと飛び乗って出発しました — そしてクリスタル川(フロリダ)で、米国のハイウェー19を意味する道路です。

    警察が911呼び出しに応じる頃には、男の子(シャツとおしめを着ているだけでした)の回りを封鎖して、毛布で彼を包みました。

    と、いろいろあり、子供だからと油断していてはいけませんね。

    オートマチック車で操作が簡単なせいか、親の運転する動作を真似して動かしてしまえるので、キーは厳重に管理しないと。

    子供は興味本位の軽い気持ちかもだが、もし歩行者を撥ねるなどの事故を起こしたら大変なことになってしまう。

    このページのトップヘ