このエントリーをはてなブックマークに追加
    人間でいえば帝王切開による出産のような感じ?



    最初は何を弄ってるのかなと思ったらサメの卵だったのね。

    中の子供を傷つけないように切り開いていくと、ビュルンって感じで勢いよく出てきたサメの赤ちゃん。

    竹サメっていうらしく、飼育もできるようなのだが、サメはサメなので噛まれないように注意ってされてた。

    しかし勢いよく出てきた時に、卵の大きさや薄さより、思ったより大きめのサメが出てきたのでビックリ。

    中でどのように入っていたのだろうか?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    自転車のBMXで山の稜線を走ったり、駆け下りるのはたまに見るけど、一輪車の方が難易度高そうだな。



    BMXのようなスピード感は無いけれど、静かな迫力を感じる。

    稜線を走ってる時なんか、サーカスの綱渡りと同じで僅かなミスが命取りだもんね。

    自転車のようにブレーキが無いのだから、すべて足で踏ん張って車輪の回転を制御しなくちゃいけないのだから、これも難しそうだ。

    普通に考えたら、あのチーズ転がし祭りみたいに、坂を走り出したら勢いで勝手に足が出て止まらなくなり、自分では制御できなくなってしまうというのに、ちゃんと制御できてるのが不思議だ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    前にボストン ダイナミクス社って売りに出されたとか何とか聞いた気がするが、まだ開発続けてたのね。



    いつの間にか軍事用を目指した開発から外れて、何やら家政婦ロボットの路線に鞍替えしてるようです。

    小さくスタイリッシュ?さが加わり、アイボのような愛玩ロボットの要素も入ってきたかと思ったら、いきなりヘビのような頭が付いた首が伸びてキモさ復活。

    ボストンダイナミクス社のロボットはこうでなくちゃねw

    しかしこの長い首やヘビのような頭は、ただの飾りやウケ狙いではなく、起き上るために使えたり、物を掴むことができたりと、役にたってるじゃないか。

    バナナの皮で滑るとか、ドリフかよっ。

    持ってきたビールをなかなか手放さないとか、なんか犬っぽくて笑える。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    なんだか、このグダグダ感がじわじわくる。



    やる気があるんだか、無いんだかよく解らないのだが、ちゃんと衣装を揃えてるところなんか見るとマジみたいだしなぁ。

    どこかで見た事ある振りつけもちょいちょい見られるのだが、こうして真似から入って、いつ本物に化けるか解らないから侮れないかもだぞ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    lets-crush-a-car-with-water-just-758x426


    バケット1杯の水を落としたら、さすがに屋根が凹むくらいはするよなぁって見て見たら・・・



    いや、ここまで車が潰れるとは思いませんでした。

    これは水の重さってこと?

    それとも水圧のせい?

    そこら辺の理屈はよく解らないが、想像の遥か上の結果に驚いた。

    やってみないと解らないもんです。

    もしかしてプジョーの屋根がめちゃくちゃ弱いなんてことはないよね?




    このページのトップヘ