何だか意味は解らないが、砂漠の地下に造られた秘密のガレージがカッコいい。



    砂漠の気温はほぼ54℃あり、エンジン温度が93℃を超える過酷な環境で、ジープ・ラングラールビコンとペンゾイルシンセティックスは、パフォーマンスの究極の証明のため、これらの極端な温度の中を走りました。



    ペンゾイルの名前は知ってはいても、カー用品店なんかでも、あまりお目にかかれていなく、使う機会はなかなか無さそうだけど、こうした説得力のあるCMで見せてくれると使ってみたくなるもんだな。


    russian-dude-makes-a-steam-engin-690x388


    発進もスムーズだし、蒸気機関の音が醸す雰囲気がいいじゃないか。



    シュッポ シュッポとなんとも微笑ましくなってしまう。

    見た目はガラクタの寄せ集めにしか見えないが、それがまたスチームパンクっぽくて、好きな人には堪らん感じになってるんじゃないだろうか?

    さらには船まで蒸気機関船にしていて、こちらはもっと雰囲気があっていいかもしれない。




    よいしょっと

    eqUuIpI


    こんな便利な腹なら、いろんな物を隠し持てるな。

    職質されても問題なし?

    この人がテロとか無差別発砲の犯人だったら恐いな。

    アメリカで史上最悪と言われる銃乱射事件があったばかりだし、このジョークはちょっと洒落にならないかもしれない。




    このページのトップヘ