このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジェームズ・キングストンって人は高い所に登るので有名な人なのかな?

    ドバイに行き、非常に危険なタワークレーンの上にまで登ってますね。



    それなりに高所恐怖症なので見てるだけで目眩がしてきます。

    ってか、見てて玉ヒュンなんですが・・・

    こんなとこ、絶対に登りたくありません。

    しかしここ何だろう?

    建設途中で放棄されてるのかな?

    かなりの高層ビルのようだけど、お金持ちのイメージのドバイでも立ち行かなくなるパターンもあるのかな?

    しかし作りのほうは、結構雑というか、不安な感じの造りしてますね。

    豪華に見えるブルジュハリファも一皮剥けばこんなもの?



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    自撮り棒っていうと、使用禁止のところとかありますよね。

    棒が人に当たったり、電車や車と接触したりと、うっかりすると危険なことがあるからね。

    でもまわりに人も車もいなく、いざ使いたいときに持っていないと悔しかったりする?

    そんなときにピッタリな品がこれだ。

    iphone-z-selfiestick-3


    スマホケースに収納されてるのだから、いざという時に即使えますね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    普通に信号待ちしてるところに、対向車線から飛び出して突っ込んでこられたら、逃げようがありませんもんね。



    しかも突っ込んできたのが車を牽引してたレッカー車なので、2台の車が突っ込んできたようなもんだから、堪ったもんじゃありません。

    これ、信号待ちしてた人は怖かったろうなぁ。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    タイで撮影されたようですが、走ってるバイクの前にクマが現れると焦るでしょうね。



    山奥の林道みたいなところならわかるんだけど、こんな所にもクマって出てくるもんなんですね。

    日本でも住宅街にクマ出没とかニュースであるから不思議はないのか。

    しかしバイクで走ってるときに、出てこられるとビックリなんてもんじゃないでしょうね。

    驚いてコケたりしたらクマに襲われそうで、絶対にコケられないよね。

    45


    これクマ?

    クマの爪でボディーに穴が開いてるようだけど、こんなんになりたくないもんね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    たった20秒の動画ですが、何があったのでしょうか?

    一方的に女性からなぐられていますね。



    学生?

    女性にちょっかいを出して激怒させたのかな?

    それにしても凄い怒りようです。

    スカートなんか気にする事なく、ひざ蹴りを顔面に入れたりと容赦なく攻撃してダウンさせてしまいました。

    女って怒らせるとおっかねぇな。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スウェーデンのWRCラリーでの映像です。

    ドライバーは可能な限りジャンプしようとするでしょうが、アイビンBrynildsenは45メートルのジャンプで最も遠いジャンプをしました。



    ここまでジャンプするとジェットコースターとか遊園地の遊具みたいに、内臓が持ち上がるあの嫌な感覚がしてきそうです。

    少なくとも玉ヒュンの間隔はするでしょうね( ̄ー ̄)ニヤリッ



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ポルトガル沖で撮影されたマンボウのようですが、これはデカイ。



    ダイバーの大きさからすると、タタミ2畳分くらいはありそう?

    畳の大きさで表すのも日本人らしく変だが、海の中をふわふわ漂ってるだけのように見える魚が、あの大きさに育つのも変だろう。

    他の小魚を追いかけて食べる訳でもないし、ふわふわ漂いながらプランクトンなどを摂取してるだけで大きくそだつのだからね。

    しかしなんともマヌケというか愛きょうのある魚ですね。



    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    最近は少しずつ暖かい日が増えてきたかなって思いますね。

    この暖かくなりだしたかなってくらいが危険なのでしょうか?

    あまり雪と縁がない地域なものですから、こういうことが起こるって想像できないのですが、雪が降る地域ではあるんでしょうね。



    屋根に積もった雪が板状に固まり氷になった物が、剝がれ落ちて後ろを走ってた自分の車に激突するなんてことがあるんですね。

    道路の状態もあるでしょうが、雪道でへたにハンドルを切ってよけるのも危なさそうだし、これはちょっと避けようがないかもです。



    人気ブログランキングへ

    このページのトップヘ