このエントリーをはてなブックマークに追加
    1984年に存在していたコンピュータの操作は、今とは全く異なっていて非常に面倒だったのが解りますね。



    今から32年前かぁ・・・

    自分も覚えあるけど、この動画よりは新しい時代でも、まだWindowsが無かった時代って本当に面倒くさくて、何をしたらいいのか解らなかったもんなぁ(笑)

    兄から分厚いマニュアルを何冊も渡されて覚えろって言われたけどチンプンカンプンで、パソコン立ちあげるのにいちいちシステムディスクのフロッピーを入れてからとか、何かしたい時にはいちいちそれのソフトのフロッピー入れ換えたりとかね。

    「やってていいぞ」と当時はネットじゃなく、パソコン通信なんて呼ばれてる奴で、上の動画と同じように電話線とモデムを繋いでピィ~ピュロロロ~なんて音して繋いでたけど、面倒なだけで何がおもしろいのかさっぱり解らなかったぞ。

    当時を知る者としては、現在のWindowsとかがある時代で、メールもネットもパッパッとやれるって凄いことだと思えるし、ビルゲイツがお金持ちになれたのも頷けるよ。

    でも今はWindows10にアップデートしろって五月蠅いし、世間からはウザがられてるみたいだけど。




    人気ブログランキングへ







      このエントリーをはてなブックマークに追加
    首相がアイドルってどういうこと?



    オランダ首相マルク・ルッテは彼の将来を考え、はっきりと芸能界で仕事を目指しています。以下に記載されているイメージです。

    オランダの首相のマルク・ルッテは自分の将来を考え、芸能界での仕事を目指しているとはっきりと表明してるようです。

    そして彼はアイドルのオーディション番組に参加したようで、そのときの様子だそう。

    オランダってよっぽど平和な国なのかなぁ?

    それとも、それほど安定してないからアイドル目指したりする?

    日本で安倍首相が同じ事したら、メディアの恰好な餌食でもう有る事無い事を書きたてられて、連日大バッシング大会はっじまっるよぉ~ってなとこだろうね。




    人気ブログランキングへ



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    インドネシアでの動画らしいのだが・・・

    なんだと?

    犬が?

    こんなの見たら2度見してしまいますね。



    スゲー犬だなと思ってよく考えたら、スロットルを固定してセルフステア、つまり自転車の手放し運転と同じで、後ろの人が左右にバランスをとって舵をきかせてるだけですね。

    でもやっぱりこれをいきなり見たら「えっ?」と普通は思っちゃうよね。

    犬も馴れてる様子でちゃんとシートに座ってるし、ゴーグルしてるだけ飼い主よりしっかりしてる?

    しかしこれで事故でも起こしたら、犬が可愛そうだからやめてあげてほしいな。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    店の前に浮浪者がいたらこうなるのもしょうがないよなぁ。



    迷惑だから追い払うのは当たり前だろうけど、毎日コミュニケーションしてたら少しは情が湧くってもんで、いつもシャッターを開けるといるはずの奴が、突然いなくなると気になるというかちょっと淋しかったりする。

    気になりだすとどうしようもなくなり、監視カメラがあったことを思い出し、映像を見てみると衝撃の事実が・・・

    実は浮浪者は店に悪さしようとする奴らを追い払ってくれたり、店の前を掃除したりしてくれていた。

    最後は命をかけて強盗を追い返そうと抵抗していて、刺されて死んでしまっていた・・・

    そんなこととはつゆ知らず、辛く当ってしまっていたことを後悔するが、時すでに遅し。

    タイでの短編動画で話題をよんでいた動画ではあるが、何故浮浪者がその店に懐いて執着していたのかとか、そういうツッコミは無しで、素直に感動しておこう。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    worst-yoga-ball-fail-6


    何故これをやろうと思ったのか?

    何故これを誰も止めようとしなかったのか?

    どこからツッコンだらいいものか・・・

    本人的にはバランスボールがクッションになり無傷で済むとでも思ってたのだろうなぁ。

    しかしトラック運転してた方も手加減なしってのが凄いなぁ。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    友達どうしだとこういうイタズラしたよね。



    ずいぶん数十年前からある古典的なイタズラだが、案外こういう単純なのが引っ掛かり易いのかもだ。

    あかの他人から、まさかこんなことされるとも思わないもんな。

    しかしやられたら、かなりムカつくのも確かだ。




    人気ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ロール・アレイソーラーカーペットはどこにでも簡単に展開できます。

    solar-carpet-roll-array




    ロール状に巻き取られたソーラーパネルは無人島のビーチのように電源を期待できないような場所でもエネルギーを確保することができます。

    Renovagenの太陽電池アレイは、カーペットのように巻きとることができ、簡単に四輪駆動車などによって輸送することができ、車両の後部に取り付けられたこれらの柔軟な太陽電池パネルは数分で引き出し広げることでき、 100kWpまで生成するまで発生させることができます。

    f4nP2gQ

    dcLBMqS

    l1WFFKN

    OW27HUS


    標準的な硬質ソーラーパネルを展開するのにはおよそ22時間ほどかかるのに対し、薄くフレキシブルなシートはわずか2分で広げることができ、地面の上に広げられたパネルは80 mph以上の強風に耐えられるように、ボルト留めまたは杭打ちで固定することもできて、わずか5分後にはパネルが太陽光発電を生成する準備ができています。

    とのことで、これは災害時など、いろいろな場面で活躍できそうですね。




    人気ブログランキングへ



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ロシア、中国、北朝鮮に強いメッセージを送信するため米国は原子力ICBMを発射し、「我々はいつでも核兵器を使用するための準備は出来ている」と警告します。

    Peacekeeper-missile-testing


    米国のカリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地で核大陸間弾道ミサイルの発射テストがキャッチされました。

    米国がロシア、北朝鮮、中国、中東との緊張の高まりのため、その時に備えて原子力の威力を実証しようとして誇示しています。



    核が搭載されていないミニットIII大陸間弾道ミサイルは2016年2月25日(木曜日)に発射テストされしました。

    VAFBで第30スペース​​ウィング司令官であるJ.クリストファー・モス大佐はICBM力の抑止力を検証するために必要とされると言います。

    国防副長官ロバートは、米国が効果的な核兵器を持っていることを明確に主張するために2011年1月以来、少なくとも15回行い、このようなテストは、ロシア、中国、北朝鮮の同類にメッセージを送信するために存在すると述べました。

    「ロシアと中国に、私たちが日常的に持っているミサイルは信頼性があることを証明するためにテスト撮影を行います。

    そして、それは警告です。

    私たちは、必要に応じて私たちの国の防衛のために核兵器を使用する用意があることを。」

    とのことで、最近の中国や北朝鮮やロシアに対しての緊張が高まってるようで、アメリカもそれに対処するための準備にも余念がないようです。

    中国や北朝鮮も、弾道ミサイルを撃ったりするような馬鹿ではないと思いたいところだが、ヤケクソになって撃ったりしかねないなって心配は拭えないんだよな。

    もし1発でも撃ったりしたら、報復で壊滅されてしまうのは目に見えてるもんなぁ。




    人気ブログランキングへ



    このページのトップヘ