このエントリーをはてなブックマークに追加


    危ねぇ~。

    銃のどこかが引っ掛かったのだろうが、皮と肉を少し持ってかれてしまった。

    これなら直撃を食らって大きなコブを作ってた方がマシだったか?

    いや、それも眼窩骨折とかしたら洒落にならないか。

    ちゃんとした構えして撃たないとね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ロンドンをベースにする発明者ウィリアムLiddiardは、容易に360度スピンやスライドなど任意の方向に移動できるように、そしてすべての車にボルトで装着することができるホイールの特別なセットを作成しました。

    彼の発明したLiddiardは古いトヨタ車上でどのように動作するかを示すために、アップロードされたYouTube動画の説明に書いています。

    Liddiard-wheels2-600x360


    ウィリアムは現在、ソーシャルメディアのパワーが彼の発明を助けるし、さらに彼は車輪を改良し、最終的に市場にそれらをもたらすことを喜んで助けてくれる会社と提携することを期待しています。

    Liddiard-wheels-600x450


    どのように動作するのか確認してください。



    これは縦列駐車なんか楽にできるね。

    でも、スライドしてるときのタイヤの動きがキモい気がする。

    素晴らしい発明だとは思うけど、従来のタイヤのような直進やコーナーでのグリップ力とかはどうなのだろう?

    走る喜びとまでは言わないけど、運転は難しいから上手くなろうとする楽しみもあったりするんじゃない?

    縦列や車庫入れを一発でビシッとキメられるとカッコいいじゃない。

    えっ、みんながみんな、そんなの求めてないって?

    今の車の時点で、いろいろオモチャついてアシストしてくれてるもんなぁ。






      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    「放棄されたランボルギーニディアブロは牧場で放牧ヤギのグループの中で朽ち果てるまで放置」とサイトで紹介され、数々の論争を産んだようですが、それはすぐに指摘されたようです。

    2
    3
    4


    他にもカウンタックやポルシェやヴァイパーなどが見受けられますが、実はこれ、農場主のコレクションであるレプリカの外装だけみたいです。

    ハンガリーの南ブダペストのペシュト県でMajosházaという小さな村で見つけることができます。

    ストリートビュー

    正直1枚目のショッキングな画像を見て、自分もドキッとしました。

    「ヤギのオモチャにしてるくらいなら俺にくれっ!」と思わず叫んでしまいました。

    だって、レプリカだけに、ちゃんとディアブロの形してるんだもん。








      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    32


    さすがおそロシア。

    アメリカなんかより手強いと言わざるをえまい。


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    これなら飽きずに鍛えられる?

    動画では担ぎ上げてるのも女性だが、これだけスクワットできるなら凄いね。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7


    どれもほのぼのとさせてくれる写真です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    インドネシアのアリヤPermanaは10歳で192キロの重量があることが報告され、世界で一番太った子と呼ばれています。
    彼の重い体は、歩いて学校に通うことも、彼に合う服を見つけることもできません。
    インドネシアのArawangリージェンシーにあるCipurwasariの村にいるアリヤは、2歳の時に急速に体重が増え始めました。
    初めは彼を健康な子供と考えられ、姿について満足していたが、年が経つと彼の食欲と体重が制御不能になったとして、彼らは何かが間違っていたと実感し、彼は医師の診察を必要としていました。
    彼らはいくつかの医師に診察してもらったが、その誰もが体重の他に異常が見つけられず、彼らは助けを必要と思った場合は大きな病院に行くように両親に言いました。

    少年の父親アデは言いました。
    「私は高価な病院代を払う余裕はありません。しかし、私の息子を見てほしいです。」

    6


    アリヤPermanaは絶え間なく飢えていて、伝統的な大豆のパテ - 米、魚、牛肉、野菜スープとテンペからなる特大の食事を1日に5回します。
    彼の母親Rokayah Somantriは彼の食事の一つが完全に成長した大人を養うために十分以上なカロリーであると言います。
    192キロのアリヤは、支援なしで歩くことができない子供たちと同じ学校に通います。
    彼の両親は彼に合う服を見つけることができないので、ほとんどの時間は腰の周りを包む大きなサロンを身に着けています。
    少年はまた呼吸困難も持っており、簡単に呼吸を助けるために頭を壁にもたれかけて眠ります。

    7


    少年の父親アデSomantriは、月に約$ 135を稼いでいますが、アリヤが希望するすべての食品を購入するのに十分ではなく、時にはお金を借りることがあります。



    成長ホルモンの異常とかですかね?

    本人が我慢できなく我がままで食ってるわけじゃないでしょうし、悪気があってこうなってるんじゃないのだから難儀です。

    しかし縦にも横にも大きくなってて、両親も大変そうです。





      このエントリーをはてなブックマークに追加
    どうなってるんだ? これ?

    6


    普通に考えたら不可能な形なのだが、その作り方は動画で確認してください。



    あ~、なるほどね。

    タネを知ってしまうと、こんな単純なことだったのかぁ・・・って、なんねぇよ。

    全然答えになってねぇw

    動画も親指ダウンがたくさん付いてて、コメントも苦情の文句が多いです。

    そりゃ、そうなるわいな。

    海外でも炎上商法ってのが流行ってるのか?




    このページのトップヘ